屋根裏のねずみについてのお問い合わせ増えています

 一般の住宅、アパートやマンションなどの集合住宅、飲食店や事務所など、さまざまな場所の屋根裏のねずみについてのお問い合わせが多くあります。
 一言でねずみと言っても様々な種類のねずみがいまして、家ネズミと呼ばれるドブネズミ,クマネズミ,ハツカネズミに分けられます。ねずみの被害というのは病原体を媒介したり、ダニをまきちらしてアレルギーや皮膚病などの原因となる健康衛生被害や、習性のかじりつきにより電気配線をかじられ火災の原因になったり、ネズミの糞の害などにより商品が売り物にならなくなるなどの経済的被害まで、多種多様の害を与えることがあります。ねずみの存在はよく屋根裏でねずみの足音が聞こえる、天井にねずみの糞尿のシミがある、などという耳や目で確認できるものは比較的発見しやすいものです。
 しかし、それ以外でも、家族がアレルギーのような症状が出るようになった、または屋根裏のねずみは留守中に室内に降りてきていろいろなものをかじったりもします。記憶のないかじられたような痕跡がある、なども、もしかしたらネズミの存在かもしれません。心当たりのある方、ご心配なかたは、まずは屋根裏のねずみがいるかいないかという調査からさせていただきますので、ぜひご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼