最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ねずみが持ってくる病気

住まいにねずみが出たり、ねずみが住み着いたりというのは本当に不愉快なことです。しかし、ねずみの本当の怖さというのはさまざまな病原菌を持っていることにあるのではないでしょうか。ここではねずみが媒介する病気について、すこし触れていくことにします。1つ目はサルモネラ菌による食中毒です。サルモネラ菌はゴキブリやねずみが媒介するとされていて、その種類は数千にも及ぶといわれています。発熱や嘔吐、下痢を引き起こし、さらに重症化すると命を落とす危険性もあります。2つ目はレプトスピラ病です。これはドブネズミが感染源といわれていて、感染してしまうと高熱や黄疸などが出ます。3つ目は鼠咬症です。これは鼠咬症スピルリムなどの病原菌を持っているねずみに噛まれることで感染し発症します。いったん噛まれるとそのあと1週間ほどで傷跡が赤く腫れ、体じゅうに暗紅色の発疹が出ます。また高熱や頭痛などの症状が数週間にわたって続く場合もあり、注意が必要です。ここであげたのはほんの一部で、ねずみは他にもまだ多くの種類の病原体を媒介するということがわかっています。ですから、もしねずみが室内で見つかった場合は、ねずみ駆除と合わせて、入念な消毒作業が必要です。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼