最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ねずみはこういった時に警戒します

ねずみ駆除をするのであれば、どういった時にねずみが警戒するのかは重要です。ねずみを駆除する方法は罠で捕まえるか、毒餌で殺処分するという方法だからです。この2つは罠の目の前で警戒されたら捕まえられませんし、毒餌を食べてもらわないと意味がありません。「ねずみはバカだから簡単に引っかかるだろう」と甘く見ていると、全く罠に引っかかってくれないといった状況になってしまうかもしれないのです。この警戒を異物反応と言います。ねずみは、これまでと違う環境には非常に警戒します。ねずみはいつも同じ通り道を使いますので、そこの環境が少しでも変わっていると緊張してしまうのです。そのために通り道に毒餌などを置いておいても、食べないことが多くなっています。ドブネズミは警戒心が少し薄いので食べてしまうことがありますが、クマネズミは警戒心が強いですのでそういったことはあまりありません。もしご自分でねずみ駆除をするのであれば、罠は複数設置することがオススメです。粘着シートの罠は、ねずみの足についている汚れのせいで1枚では性能を発揮できないことがあります。ちゃんと粘着成分を利用したいのでしたら、足の汚れが取れるまで罠を設置してあげましょう。もし自分ではねずみ駆除の対処ができないということでしたらご相談ください。皆さまの代わりに、当サイトの加盟店がねずみ駆除を行います。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼