最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ねずみの怖い病気ランキング!

ねずみは様々な病気を伝染させる恐れがあるため、衛生面でも危険視されている生き物です。しかし、実際にはどのような病気を持っており、どんな症状が発症するのか、あまりわからないという方もいらっしゃるかもしれません。そのため、今回はねずみの危険性について、伝染する病気を恐怖度ランキングでご紹介したいと思います。

【第5位:サルモネラ症】
こちらは、いわゆる食中毒です。ねずみが持っているサルモネラ菌によって、感染します。症状は嘔吐や腹痛、下痢を伴う可能性があります。
【第4位:E型肝炎】
こちらはねずみが持っているウィルスが原因で、感染します。症状は発熱や嘔吐などですが、妊婦が感染してしまった場合は、劇的に症状が悪化し、致死率も極端に上昇すると言われています。
【第3位:ツツガムシ病】
こちらはねずみというより、ねずみに付着しているダニによって感染する可能性がある病気です。症状は発熱や発疹など。ここからは最悪の場合、治療しなければ絶命する恐れもある怖い病気となります。
【第2位:レプトスピラ症】
ねずみの排泄物に含まれている菌によって、感染します。風邪のような症状もありますが、眼球結膜の充血を引き起こす場合もあります。日本では特に沖縄で感染例の多い病気です。
【第1位:ハンタウイルス肺症候群】
こちらもねずみが持っているウィルスが原因で、港湾地区に棲むドブネズミはこちらの菌を持っている可能性があります。日本での感染報告はほとんどありませんが、海外では致死率50%以上を記録したこともありますので、けっして安心はできません。治療法はありますが、ワクチンや予防策はないため、すぐにねずみ駆除を行うことが、最も有効的な対策となります。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼