最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ねずみの糞は貴重な情報源

もしも、ねずみのものと思われる糞が落ちていたらどうするでしょうか。おそらく、多くの人は速やかにお掃除されることでしょう。しかし、少しお待ちください。その糞はラットサインとも呼ばれる、ねずみの事を知る貴重な情報源なのです。ねずみの糞には様々な病原菌が含まれていますし、臭いもありますのでお掃除は必要です。しかし、その糞の形状や一からねずみの正体や通り道を突き止める事ができるかも知れませんので、その情報をまとめておくと良いでしょう。
前述のように、ねずみによって糞の形状や位置が異なります。具体的には、以下のようになっている事が多いです。

・ドブネズミの糞
大きさは10~20mm程度で、丸みを帯びている。ドブネズミは高いところには上れず、湿度の高い場所を好むため、台所や洗面所などに落ちている事が多い。
・クマネズミの糞
大きさは6~10mm程度で、細長い形をしている。クマネズミは高い場所にも上れる運動能力を持っているため、あちこちに糞が残されている。
・ハツカネズミの糞
大きさは4~7mm程度と最も小さく、端が尖った形をしている。警戒心が薄いためいたるところに糞が落ちている事も多く、独特な臭いを放つ。

それぞれのねずみによって、このような特徴の違いがあります。ただし、場合によってはねずみ以外の害獣や害虫の糞の場合もあります。このような糞を見つけましたら、まずはねずみ駆除業者に連絡しましょう。その際は糞の写真などを撮っておくか、そのまま残しておきます。可能なら、業者に指示を仰ぐようにすると良いでしょう。適切な対策を教えてくれるはずです。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼