最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ねずみの被害

雑食性で人間の食品も食べてしまうねずみは、住居に侵入しすみかやコミュニティを作ってしまいます。ペットの餌や観葉植物の他にも家屋の木材自体を汚損してしまうため、非常に厄介な害獣です。また、強い繁殖力を持つため、近年では都市部でもねずみが大量に繁殖し、ねずみの被害が問題になっています。私たちの身近には主にクマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミという種類のネズミが生息しており、それぞれ体長や習性も異なります。クマネズミの場合は夏に繁殖のピークを迎え、1回の出産で5~6匹を産み、ドブネズミやハツカネズミは春と秋に出産のピークを迎えます。ドブネズミは1回の出産で8~9匹産んでしまうため、これらのネズミの中では一番繁殖力を持っています。このように繁殖時期や出産数も違うねずみですが、共通して寒さに弱く、暖かい場所に巣をつくる習性があります。人間の住む住居に侵入するのも、暖かく安全で、また餌のある場所を求めた結果なのです。クマネズミは屋根裏や押し入れ、また壁の内側に巣を作ることが多く、ドブネズミは水回りなど湿気のある場所に住み着きます。ねずみは固い物をなんでも齧る習性があるので、侵入を放っておくと家財や家屋が深刻なダメージを受けてしまうこともあり、また、小さい赤ちゃんやお年寄りがねずみに咬まれてしまうというケースも報告されています。最近では駆除も困難になり、ますます繁殖力を強めているねずみですが、確かな知識と技術を持つねずみ駆除の業者であれば、的確な駆除や防鼠に応じてくれるでしょう。もし、現在ねずみの被害を受けていらっしゃるのなら、一度駆除に対応する業者に相談されることをお勧めします。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼