最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ねずみを追い払う忌避剤の種類

多くの動物は鳥獣保護法などによって保護されており、仮に害をもたらしていたとしても、勝手に駆除することはできません。しかし、そのような法律の対象外になっている動物もいます。それが、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミといった「イエネズミ」なのです。これらのねずみは保護の対象外ですので、捕獲器なり、殺鼠剤などを使用して駆除することができます。しかし、人によってはねずみを駆除することをためらうことがあるかもしれません。また、ねずみを捕まえたり毒餌を食べさせたりしても、その後の死骸の処分をしなければいけません。このような問題から、ねずみを遠ざける忌避剤を利用する事も多いです。
忌避剤は以下の三つが代表的ですので、うまく使い分けると良いでしょう。

・スプレータイプ
直接スプレーするタイプです。ねずみにスプレーして追い払ったり、通り道にあらかじめスプレーして遠ざける効果もあります。即効性は高いですが、持続性は長くありません。
・燻煙タイプ
薬剤の煙や蒸気を撒くタイプです。広範囲に行き渡りますので、隙間や天井裏などに隠れたねずみにも効果があります。ただし、使用する際には火災報知器や電子機器にかからないように保護してください。
・設置タイプ
ねずみの通り道にあらかじめ設置するタイプです。他の二つに比べて持続性が高いですが、設置場所によっては効果が得られません。また、風の強い日には薬剤の臭いが散ってしまい、効果が得られないこともあります。

このような忌避剤は市販されているものも多いので、利用してみるのも良いでしょう。しかし、このような製品を利用しても効果が無かった場合には、ねずみ駆除のプロにご相談されるとよろしいでしょう。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼