最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

もしもねずみの死骸を見つけたら

ねずみ捕りや毒エサなどを利用してねずみ駆除に成功した場合には、どうしてもねずみの死骸が残ってしまいます。これを放置することはできませんので処分をする必要があります。自力でねずみ駆除をしようとする際の障害の1つがこの死骸の処理です。下手に処理をすると皆さまに被害が出る可能性がありますので、よく注意をして対応するようにしましょう。まずねずみの死骸を見つけた際には、まずはマスクと手袋を装着します。罠や毒に苦しんでいる際に周りに病原菌や糞尿などをまき散らしている可能性がありますので、遠くにいても何かしらの影響が出ている可能性があるからです。しっかり装備を整えたら、次に殺虫剤をねずみの死骸の周りに撒きます。ねずみが死んだことによって、ねずみに寄生していたダニなどが次の寄生先を見つけに移動するからです。素手で触らないこと、マスクをすること、そして殺虫剤を撒くことをした後には、死骸を新聞紙などに包んで空気に触れないようにします。基本的には燃えるゴミとしてそのまま出すことができますので、死骸を包んだ後はゴミとして捨てるのです。ここまでの作業で自分ではできない、ねずみの死骸に手袋越しでも触れるのが嫌だ、ということでしたらねずみ駆除の段階から業者に依頼をしていただくようお願いいたします。ねずみの死骸を処理することだけを受け付けている業者は少ないですので、ねずみ駆除からおまかせいただくようお願いいたします。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼