最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ネズミの死体には絶対に触ってはいけません

ネズミ駆除の後にはネズミの死体が残ることがあります。罠を使ったネズミ駆除や、毒餌を使ったネズミ駆除の場合です。その時にはどうしても死体の処分をしないといけません。放っておけば害虫を発生させますし、感染症を起こすウイルスを発生させるかもしれません。しかし、この処分の時に絶対に注意をしないといけないのは、手袋とマスクを忘れないということです。もしも忘れてしまった場合はすぐに取りに行きましょう。ネズミの体には生前も死後も、寄生虫や病原菌が多数住み着いています。そんなものに素手で触るのは不衛生の極みです。また毒餌などの場合、ネズミは苦しんでから死んでしまいますので死体の周りには細菌や糞尿が飛び散っていることもあります。こういったことも警戒して、手袋とマスクをしないといけません。もし死体があれば、その周りに殺虫スプレーを噴きかけ、ノミやダニを駆除しましょう。粘着シートでネズミ駆除をやった場合は、そのシートごと新聞紙などで包み、密閉して燃えるゴミとして処分をしてもらいます。手袋やマスクも一緒に処分しましょう。こういった一連の処分方法は、ネズミ駆除の業者が最後までやってくれます。自分でネズミ駆除をやった場合には自力でやらないといけませんので、やはりネズミ駆除は業者にまかせた方が良いでしょう。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼