最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ネズミの習性から、どこに住み着いていつ活動するのか検討をつけましょう。

気が付くと屋根裏や壁の間に入り込んで営巣しているネズミ。彼らはどのような行動の習性を持つ生き物なのでしょうか。 ネズミは基本的に夜間に行動し、昼間に眠っている動物です。しかし、多くの夜行性生物のように明るい場所で物が見えなくなることはなく、基本的に昼間でも物を見ることができます。もしかしたら、ドブネズミが餌を求めて昼間に行動している所を見たことのある方もいるかも知れません。どうやらネズミという生き物は「昼間でも活動できるが外敵から身を守るため夜に行動している動物」のようです。 それではどの時間帯がネズミの活動時間なのでしょうか? 屋外でのネズミの活動は日の出、日没により明暗が決まり、日の出前30分~1時間、日没後30分~1時間、もっとも活発に行動します。ネズミは人間が活動しない時間にもっとも活発化するので、家にネズミが住み着いている方は、夜眠っている時に屋根裏で「カタカタ音がする」「壁をかじる音がする」などネズミの生活音が聞こえてきて、住み着いていることに気が付くという方も多いです。 ネズミの生活拠点となる場所は、ネズミの種類によって違います。例えばドブネズミは屋外だと自然のほら穴や掘った穴で生活し、屋内だと厨房や下水溝など、低めの場所に生息しています。もし、「家にネズミが住み着いているかも・・・」と思われる方は、一度業者に点検してもらうことをおすすめいたします。 ネズミ110番では現地調査も行っていますので、ぜひご利用ください。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼