最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ハツカネズミの特徴

ネズミの中でもイエネズミと呼ばれるネズミは、「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」の3種類になります。共通して言えるのは、イエネズミと呼ばれているように住宅に侵入し、食べ物や建物、時には人間にも被害を与えるネズミだということです。小柄なため1.5cm程度の小さな隙間や穴から簡単に侵入することが出来ます。基本的には、出しっぱなしになっている食べ物などを食べることが多いですが、ペットフードや生け花なども食べることがあります。また、ネズミは前歯が伸び続けるという特徴があるため、それを削るために住宅内のあらゆるものにかじり付きます。電話線や電線などをかじることもあり、停電の原因になることもあります。視力が弱い代わりに、遠くの動きを察知できるなど、感覚器官が発達しているため、駆除が難しいものもいます。また、繁殖力が強く、生まれて2~3ヶ月程で繁殖可能となるのです。そんなイエネズミの中でも、ハツカネズミと呼ばれるネズミは、比較的駆除が簡単と言われています。6~9cmとネズミの中でも小柄な種類ですが、警戒心が低く好奇心旺盛で運動能力も高くないので、粘着シートや毒エサといった罠にかかりやすいと言われています。しかし、物をかじる習性はハツカネズミも持っており、ケーブルをかじられて火災に発展したケースも有るようで、油断はできません。農作物が荒らされたという被害の報告もあり、小さくて可愛いからといって、放置していたら被害が拡大する可能性があります。見つけたときにはネズミ駆除の業者に依頼し、しっかり駆除してもらいましょう。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼