最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ハツカネズミの被害について

クマネズミ、ドブネズミと異なり、ハツカネズミは成獣でも10㎝に満たない物がほとんどです。家ネズミとして被害を及ぼす事もありますが、薬学や病理学で実験動物として使われている方が有名かもしれません。 ちなみに、名前の「ハツカ」にはいくつか由来があって、その中の1つが妊娠期間が約20日程度だという物です。ハツカダイコンと似た理由ですね。 先の2種より小型のネズミですが、雑食性で種子類、穀物、昆虫類などを食べるのは共通しています。また、小柄な分、高いところでの活動も活発で、垂直方向への移動能力は、ドブネズミよりも高いです。また、名前の通り繁殖スピードが極めて早いネズミですので、数が増えるスピードが他のネズミよりも早いので、徹底した対策を行わなければいけません。 小さな体を活かして壁内や配管内を自由自在に動き回りますし、体が小さいのでドブネズミやクマネズミに使うようなケージ罠では捕獲しづらいので、毒餌を利用した駆除方法が取られます。また、粘着シートの罠も効果的ですが、体が小さい分、密にシートを敷き詰めたり、あるいは移動経路の中に小さく折りたたんで押しこむように、設置方法もコツが必要です。 体が小さいことが最大の脅威であるハツカネズミですが、きちんとした対策を行えば駆除することも可能です。対策についてはねずみ駆除の業者にご依頼されることをお勧めします。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼