最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ペット用のねずみ

パンダマウスというねずみの名前を聞いたことはありますか?これはペット用に販売されているねずみの一種で、名の通りパンダのような模様をしています。子供のパンダマウスになると500円玉ぐらいの小ささで非常に愛らしく、なんと江戸時代には既にペットとして飼われていたとも言われています。 当然、江戸時代に「パンダマウス」という表記があったわけではありませんので、本当に記述がパンダマウスの事か定かではありませんが、葛飾北斎の絵にもパンダマウスによく似た絵が書かれていることから、当時からパンダマウスは日本で生息していたのではないかと言われています。 ところでパンダマウスは柄こそパンダそっくりですが、ほぼねずみと言っても過言ではありません。 パンダマウスだけでなく、一般的にハムスターというねずみの仲間も人気で、一時はアニメの影響もありブームとなりました。 そのため、「パンダマウスが飼えるなら、家で発生するねずみも飼えるのではないか?」という憶測が飛び交うようになり、 中には拾ったねずみをそのまま飼育したという人も出るようになりました。 しかしこれは大変危険な行為です。ねずみは感染症の原因となる菌を媒介することもあります。ペットショップで売られているハムスターやねずみでさえ、アレルギーなどの原因となることもありますし、感染症のリスクが全く無いという保証はありません。 また、大人になったねずみはほとんど人間に懐かず、結局手放してしまったという話も聞かれます。 まずねずみを見つけたら、触らず、出来るだけこれ以上家に侵入されない方法を考えた方が賢明ではないでしょうか? ねずみ110番ではねずみ駆除はもちろんですが、家にねずみが侵入しないように、というご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼