最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ラットサインの見つけ方

ネズミが家にいるかどうかを判断するためには、「ラットサイン」と呼ばれるネズミの兆候を見つけることが重要なカギになります。ネズミの姿を見かけることがなかったとしても、ラットサインがあればネズミが家に侵入している証拠となります。ネズミ駆除を行なっている業者は、このラットサインを辿ってネズミが侵入してきているルートを突き止めるため、そのサインから適切なネズミ駆除を行なうことが可能なります。今回は、ご家庭で速やかにネズミ駆除を依頼できるようにするために、このラットサインの見つけ方をご紹介いたします。
ネズミの侵入を防ぐには、まずは侵入口となっている場所を塞ぐ必要があります。屋根下の通気口や戸袋の隙間、壁の穴などにネズミの体の汚れがついて黒くなっていたり、また、時には網戸を食い破ったりして堂々と入ってきている場合もあります。ネズミは体が小さく、フットワークも軽いため、わずかな隙間からでも侵入します。思いもよらない場所から侵入してくることもあるので、ご自身だけではなく、やはり業者の方による調査が必要になるでしょう。
そして侵入口を突き止めるためには、その通り道を見つけることも大変有効な方法です。ネズミは壁などに沿って走る習性があり、壁や部屋の隅などに体の汚れを付着させながら移動します。そのあたりに残っている黒い線のようなものもラットサインです。ここではないかと思う場所があれば、小麦粉を撒いておけば足跡が残ることもあるので、そこから侵入経路を突き止めることも可能です。 このほかにも、ラットサインには天井裏などを走り回る音や、食べ物はもちろん、石鹸や電気の配線ケーブルまで齧られているということも挙げられます。このようなラットサインを見つけた場合は、気付かない間に急激に繁殖して被害が深刻化しないようにするためにも、早めに当サイトまでご相談ください。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼