最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

一般家庭に被害をもたらすネズミ

日本に生息しているねずみは10属27種類確認されています。そのうちドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類が一般の家庭に被害をもたらす種類として問題視されています。ネズミは硬いものをかじる習性があるため、食べ物のほかにも家具や電気の配線などもかじってしまい、電気設備を故障や火災を起こす原因になる場合もあります。そして、ネズミの巣には吸血性のダニが寄生・繁殖し、大繁殖したダニが室内に侵入、ダニに吸血されてしまうといった二次被害も心配されています。ここでは一般家庭に被害をもたらすネズミの種類と簡単な特徴をご紹介しておきます。

・ドブネズミ
中央アジア一帯の沼沢地に生息していたネズミです。家ネズミ類の中では大きなもので、大人になると22~26センチにもなります。毛の色は背面が灰褐色で腹の色は白色。しっぽは淡灰褐色の太めで体長より短いのが特徴です。雑食性で人間の残飯でも食べ、泳ぎが得意です。日本全国で生存が確認され、性格はどう猛で人を恐れることはなく、うかつに近寄ると噛まれることもあります。

・クマネズミ
ネズミの中では中型でスマートな体系をしています。大人になると18~25センチになります。耳が大きく雑食性ですが、植物を主に好みます。日本全国に生存が確認され、よじ登る能力が高く、ビル内の配管や配線を伝って自由に移動するため、大都会のビル内でのクマネズミの増殖が進んでいます。

・ハツカネズミ
  ハツカネズミはネズミの中でも小さい種類で大人でも6~10センチほどしかありません。温和な性格で警戒心が低いです。農村環境に生息しており、農作物に対する食害が多く報告されています。

ネズミを見かけたらその被害が拡大する前に、ネズミ駆除を業者に依頼されることをお勧めいたします。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼