最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

可愛らしい見た目に騙されないで

最も種類の多い動物と言われているねずみは、姿を見たことが無いという方も決して少なくはないでしょう。げっ歯類に分類されるねずみの習性上、夜間に行動し臆病な性格であるため、人前に現れることは滅多にありません。しかし、姿を見せないからといって、ねずみを軽視しすぎてはいけません。ねずみは、私たち人間やペット、そして家屋にすら深刻なダメージを与えてしまう「害獣」に認定されているのです。ねずみの行動リズムとしては日没から日の出前までに活動、もしくは人間が活動しない時間帯に活発化します。適応能力に優れているねずみは、住居の屋根裏、床下、壁など、様々なところに住み着き、テリトリーを形成していきます。ねずみが住居に侵入してしまう大きな理由としては餌を求めての浸入、安全で巣作りに適している場所を求めての浸入が挙げられます。ねずみに住み着かれてしまえば、植物や食品の汚損はもちろんのこと、糞尿の被害や齧る習性による家屋へのダメージが懸念されます。このように、直接的な害だけでなく、衛生的な面でも放置しておける存在ではないということを、改めて認識する必要があります。最近のねずみは適応能力を活かして発達したため、通常の罠で捕獲することが難しくなっていると言われています。被害を早期に抑止するために、まずは防鼠や駆除に対応している業者にご相談されることが最善の策と言えるでしょう。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼