最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

実は、ネズミは夜行性ではありません。

ネズミと言うと、夜行性の動物というイメージがありますが、実際には明るい時間でも活動することは可能です。ドブネズミが昼間に道路脇の側溝を走っていたり、エサを探している様子を目にしたことある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実はネズミは明るい場所でも物を見ることができるので、昼間も活動することができるのです。 それではなぜ、夜間に活動するイメージが着いてしまったのでしょうか? それはネズミが、外敵が活動していない時間帯に合わせて活動を開始する動物だからです。 ネズミは、家に住み着くと、その家主が寝静まって音がしなくなった時間帯に活動を開始します。そのため、例えば夜勤があり、日中は眠っていたり、夜に起きて活動する習慣がある昼夜逆転生活をしている人の家にネズミが住み着いてしまった場合は、ネズミは昼間の時間帯に活動をしています。大体外で生きているネズミの場合は、日の出前の1時間と日没後1時間が最も活発に活動するとされています。 ドブネズミは自分で掘った穴や、下水溝などで主に生活しています。クマネズミは都市部では天井や壁の中など、比較的高い位置に住んでいるようです。一般的な住宅では、家に住み着きやすいクマネズミの方の被害が多いようです。 もし、ネズミの被害にお困りでしたら、ぜひねずみ110番までご連絡ください。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼