最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

殺鼠剤は取り扱いが難しい

殺鼠剤はインターネットや薬局などでも購入ができるので、自分でネズミ駆除を行いたい方は積極的に利用しているようです。 しかし、殺鼠剤は小さいネズミとはいえ、生き物を殺す薬剤です。扱い方を間違えば、私達人間にも大きな危険があります。 特に注意したいのが粉末系の薬剤。 粉末系の薬剤は、ネズミへの毒餌として他のものに混ぜ込まれたり、そのまま散布して、ネズミの体に付着。毛づくろいの際に体を舐める習性を利用して、ネズミに摂取させます。 まず、毒餌として他の物に混ぜ込む場合は、ネズミだけでなく、ネコやイヌ、その他のペットが間違って食べてしまう危険性が考えられます。また、小さいお子様が誤飲する可能性も0ではありません。 粉末をそのまま散布すると、風で巻き上げられて、他のものに付着する可能性があります。調理場や食品工場でそうした事が起きると、大規模な事故に発生するおそれがあるので、散布する場所には十分な注意が必要です。 また、仕掛けるのも難しいです。ただ置けば良いというわけではなく、ネズミがよく通る場所に、ネズミが警戒心を持たないように設置することが必要です。 毒餌を使用した駆除については、当サイトねずみ110番にご相談ください。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼