最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

毒餌を設置する場合の注意点

ねずみは食欲旺盛な動物です。そのため、ねずみが食いつきやすいように毒餌を設置することは、ねずみ駆除において大きな効果を発揮することがあります。しかし、状況によっては毒餌の設置を充分に注意する必要があります。それは、ご自宅に小さいお子様やペットがいる場合です。ねずみ専用の毒餌と言っても、毒に違いありません。別の生き物が体内に入れてしまいますと機能障害や、最悪の場合命を落としてしまう事もあります。それでも毒餌を設置する場合は、決してねずみ以外が食べたりしないように対策を講じるべきでしょう。
基本的な対策として、お子様やペットがいるお部屋には毒餌を置かないようにしましょう。見つけて食べてしまうのを防ぎます。そして、毒餌を設置するのは夜間にして、朝になったら回数しておくと安心でしょう。ねずみは夜行性のため、毒餌は夜間に設置しておけば充分に効果が期待できます。見つかりにくい場所やケースに入れておくという方法もありますが、臭いに敏感なペットは毒餌を見つけてしまうかもしれませんし、ちょっとした拍子でケースが外れてしまう事もあります。あまり不確実な方法に頼るのは避けたほうが良いでしょう。
最近のねずみ用の毒餌には、薬剤に耐性のあるスーパーラットを駆除するために強力な成分が使われていることもあります。そのような毒餌を誤飲してしまうと、人間の大人といえど重症になってしまう恐れがあります。小さいお子様やペットでは、それこそ命の危険があります。毒餌は素人の方でも簡単に設置できるものですが、使い方を誤ればこのような危険があります。ご自身での対策に不安がありましたら、ねずみ駆除業者の力を借りるようにしてください。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼