最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

警戒心が強いねずみ

ねずみは厄介な害獣の一種です。その理由はいくつか考えられます。「体が小さい上に運動能力に優れるため、どこからでも侵入してしまう」「長い前歯で侵入口を作ったり、ケーブルの内部を露出させたりする」「繁殖力が強く、瞬く間に大量に増殖してしまう」などが挙げられます。
しかし、忘れてはならないねずみの習性として「警戒心の強さ」が挙げられます。基本的にネズミは警戒心が強く臆病で、壁際や物陰を移動ルートにしている事が多いです。加えて夜行性なので、人前に姿を見せることが滅多に無いほどです。この警戒心の強さが厄介なのです。

ねずみ駆除をしようと考えた際、よく用いられる方法は捕獲器や毒餌の設置です。毒餌はねずみを見ること無く自動的に駆除できますし、捕獲器はねずみの死骸を処理しやすいという特徴があります。
しかしねずみはその警戒心の強さから、そう簡単には罠に掛かりません。もしも唐突に捕獲器や毒餌といった見慣れない物が現れますと、警戒してすぐには食いつきません。ねずみが慣れて警戒心が薄れるまで、じっくりと待つ必要があるのです。その上、何日経っても効果が見られない場合には新たな設置場所を考えなければいけません。これでは時間がかかってしまいますし、その間にさらに被害が広がってしまうかもしれません。

より早く、より確実にねずみ駆除を行うには、やはりねずみ駆除業者の力を借りるのが賢明です。ねずみの種類とその生態に合わせて方法でねずみ駆除をしてくれますので、もしも被害に遭ってしまった際は速やかにご相談されることをおすすめいたします。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼