最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

進入禁止!ネズミを近づけない心得

ネズミが出る家と出ない家との違いは何なのか?ネズミが出る家というのは、知らないうちにネズミにとって住みよい環境を作ってしまっているのですね。ならば、ネズミにとって近寄りがたい環境づくりを目指していけばおのずとネズミ対策になるということです。ネズミが嫌う家とはどんなものでしょうか?  第一に「食べ物が手に入りにくい住宅」です。ネズミが入ってくる大きな原因として、食料を求めて我々の住む家に入ってくることが考えられます。人間もお腹が空くようにネズミもなんとか食料を得ようと必死なのです。そこで、ネズミが家の中の食料まで到達できないように心がける必要があります。その為には必ず蓋つきの瓶に入れて密封すること。ここで気をつけたいのはダンボール箱や、ビニール袋はネズミにかじって破られてしまうので、避けましょう。  第二に、「巣作りがしにくい住宅」です。ネズミは天井裏や壁の中などの安全な場所に巣作りをします。その際に、巣材として家の中から紙や布、ビニールなどを集めて行う習性があります。そこで、巣材となるものを与えないようにすることが先決です。衣類やタオル、シーツ類は部屋に置いておかずに収納しておく。収納の際には、蓋付きのプラスチックケースにしまうのが望ましいです。又、不要な紙類は放置しないことです。  最後に「家に入り込む隙がない住宅」です。そもそもネズミの入り込む隙間がなければ侵入できないのです。家の隙間として多いのは、屋根の隙間、エアコンの排水ホースの導入部分、換気扇が多いです。これらの隙間を防ぐには、金網や、スチールたわし、パンチングパネル(穴の開いた金属の板)などを使って対策ができます。ですが自力で塞ぐのが難しいと思ったら、ネズミ駆除の業者に頼むのが先決です。ネズミの侵入を未然に防ぐのもネズミ対策だと心得たいものです。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼