最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ねずみの排泄物には多くの情報が詰まっています

ねずみが家に入ってきても、人目を避けて行動しているためその姿をも目撃するのは難しい場合もあります。
そんなときに、頼りになるのが糞や尿の存在です。ねずみの排泄物には、様々な情報が詰まっています。
まずは、ねずみの排泄物からどんなことがわかるのか確認してみましょう。

7bd50283b388945448c0aabff43dbafd_m


ねずみの尿に注目


ねずみには、移動しながら尿をするという特徴がありますので、尿をたどっていけば移動ル
ートがわかります。
移動ルートがわかれば、捕獲機や粘着シートが効果的に使えます。
では、ねずみの尿を見つけるためにはどんな方法があるのでしょうか?

実は、ねずみの尿の中には蛍光性の物質が含まれています。そのため、ブラックライトを照らすことで発光し、尿を発見することができるのです。
また、発光した色により最近のものなのか古いものなのかも判別できます。一般的には、新しいものは青白く光り、古い尿は黄色く光ると言われています。

ブラックライトを使って尿の跡をたどっていけば、ねずみが隠れている場所や、ねずみの出入り口を発見できることもあります。
もし、発見できたときには、そこに忌避剤を仕掛けることができますし、穴を塞ぐこともできます。

◎注意点
ねずみの尿には多くの雑菌が含まれていますので、尿の跡を見つけても直接触れないように気を付けましょう。また、いつまでも放置いるのは衛生的にも良い状態とは言えませんので、掃除・消毒もしておきましょう。業者への依頼を考えている方は、尿があった場所を写真に収めるか、メモを取っておき、相談するときに見せるといいでしょう。

ねずみの糞からわかること


ねずみは移動をしながら糞もします。糞は固形物なので、尿と違って発見が容易です。また、ねずみの糞にも様々な情報が隠されているのです。 ねずみの糞らしきものを見つけたときには、下記のポイントに注目してみましょう。

糞の形
丸みを帯びていて大きさが均一の場合、ドブネズミが侵入している可能性が高いです。逆に細長く大きさがバラバラであればクマネズミの可能性が高くなります。また、先端が尖っている場合、ハツカネズミの侵入が疑われます。

糞がある場所 湿気を好み高所への移動が苦手なドブネズミは、床や水回りなどに糞をすることが多いです。クマネズミは高所への移動も得意なため、部屋のあちこちに糞をします。ハツカネズミもあちこちに糞をしますので、糞の形で見分けると良いでしょう。

ねずみの糞も尿と同様に、ねずみの場所を突き止める重要な目印となります。また、糞尿を発見することで、ねずみの存在に気づくこともできます。もし、ねずみの糞尿を発見したときには、なるべく早くねずみ対策を考えるべきでしょう。

◎注意点
尿と同様に、記録を忘れないようにしましょう。また、ねずみの糞にも雑菌が含まれますので、掃除をするときにも直接触れないように手袋やマスクの装着を忘れないようにしましょう。

まとめ

animal-786144_1920
ねずみの糞尿はラットサインといって、ねずみを見つけるための重要な手がかりとなりますので、見つけたときの記録は忘れず行うことが大切です。
きちんと記録しておけば、業者にねずみ駆除を依頼するときにも正確な情報を伝えられます。
しかし、ねずみの糞尿には多くの雑菌が含まれていますので、放置しておけば食中毒などの原因になることもありますので、早めに片付けなければいけません。
すぐに業者へ連絡するか、記録を残して掃除をするなどの対策を取るようにしましょう。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼