最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ドブネズミの侵入を防止する方法

ここではネズミの侵入を防止するためのポイントについて解説しています。
ネズミの被害から身を守るには、駆除が必要ですが、侵入場所が分かっていなければ被害が再発する恐れもあります。しかし、ネズミは小さな隙間でも通り抜けるので、侵入経路の特定は難しいものです。やみくもにネズミを探し回るよりも、まずはポイントを覚えて怪しい場所をチェックしたほうが、効率がいいでしょう。
今回は、特に被害が大きいとされているドブネズミの侵入を防止するためのポイントをまとめてみました。



通気口画像

ドブネズミの侵入ルート


まず、家の隙間です。基礎と建物の間ですね。施工時のミスや、古くなり劣化している場合、更に地震の被害により出来てしまったものなど、あらゆるケースが考えられますが、基礎と建物の間に隙間があるところは結構多いと言われています。一度、ご自宅を確認してみてください。ドブネズミは大人でもとても小さいですから、わずかな隙間からでも侵入します。
次に床下の換気口です。無頓着に荒いアミを取り付けている方が多いようですが、ドブネズミが入り込めないようにしっかりと隙間を塞いでください。
トイレ、台所などの水回りの配管も要注意部分です。各所確認し、隙間を塞ぐ、対策を取るなどしてドブネズミの侵入防止に努めましょう。

ドブネズミのラットサインをみつける



ラットサインとは、侵入口や通り道です。ご自宅でドブネズミを見かけたという方、先程説明した侵入ルートを確認し、ラットサインを見つけましょう。
壁についている不自然な汚れ、齧られた配線、糞尿・足跡などがラットサイン。付近が侵入ルートの可能性があります。各所に小麦粉などを撒いて足跡を付けさせ、寝床や巣を特定する作戦もあります。

ドブネズミ駆除の方法


現在、店頭でもあらゆるネズミ駆除グッズが売っています。粘着シートやのりのついたねずみ捕りや、害獣用の捕獲カゴ、他にも毒エサや忌避剤などがあります。ご家庭でご都合に合ったものを選びましょう。
捕獲したあとの駆除をためらう・駆除以前にドブネズミ自体見たくないという方や、完全なネズミ駆除、駆除したあとのネズミ侵入予防対策をしっかり行いたい方は、ネズミ侵駆除のプロに頼ることもご検討ください。

まとめ


家画像 いかがだったでしょうか。
ドブネズミは非常に小さいですが、実は凶暴です。
電気設備の配線を齧られることや、糞尿の被害や寄生虫などの心配も当然ですが、人間に直接噛み付くこともあります。
住宅や設備、そしてご自身のためにもドブネズミを見つけたら放置せず、対策を行うようにしましょう。

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼