最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

飲食店におけるねずみ対策

害獣と呼ばれる動物の中で、最も身近で厄介なねずみ。
もちろん住居に住み着かれることはとても困りますが、彼らの存在に一番頭を悩ませているのは飲食店の方ではないでしょうか?
害虫同様、店舗内に存在することが明るみに出ればどんなに味が美味しくて接客、サービスが良くても評判も落としますし、最悪の場合店舗をたたむことにもなりかねません。
ねずみ1匹で店が潰れる?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、ねずみのリスクは飲食店にとって非常に重たいものです。風評被害だけではありません。
今回は、小さなねずみ1匹が飲食店にもたらす影響はどれほどのものなのか、対策はどうしていけば良いのかを見ていきましょう!



キッチン

飲食店ならではのリスクがあります



▼最も怖いのは衛生面
ねずみが不衛生なことは、もう皆さんご存知かと思います。
犬や猫など、わたしたちの身近な動物とは違い、人目につかない場所で生活し、潜んでいます。不衛生な場所を移動し、わたしたちの生活スペースに侵入するねずみは全身病原菌だらけ。菌、ウイルスはねずみの身体だけではなく、ねずみの排出物にも含まれています。
飲食店におけるリスクで一番おそろしいのは、ねずみが運んでくる病原菌です。
食中毒のニュースや特集などで良く聞く【サルモネラ菌】は、ねずみが運んでくる菌の代表的存在と言っても良いかもしれません。食材が新鮮であっても、ネズミの徘徊によって器具や店内が汚染され、サルモネラ菌が繁殖するというケース、実は少なくありません。
食中毒が起こった飲食店は何日か営業が停止され、その間保健所の指導が入ります。また、食中毒被害が大きいところや具体的な対策がとれないところでは無期限の営業停止……つまり事実上の営業禁止を言い渡される場合もあります。

▼店の評判が落ちる
当然ですが、誰しもねずみがいる飲食店で食事をとりたくありません。具体的にどんな病原菌やウイルスを持っていて、どんな被害があるのかは知らなくても、ゴキブリと同じで漠然と、ねずみは不衛生という認識は誰もが持っていると思います。どんなに営業努力をして、味が美味しくても店内でねずみが徘徊しているのを見たら、次来ようとは思いませんよね。食べ物を扱う場所では絶対にねずみは見たくありません。周りに行こうと誘ってくれる人がいても「あの店はねずみがいるから……」と、避けてしまいます。
見られなくても、天井裏や店内のどこかからねずみの足音などが聞こえると、気配は感じてしまいます。
特に現在はSNSが広く普及し、良いことも悪いことも拡散力が高いですから悪評が広まるのも早く、口コミよりも影響力は大きいです。

▼火災の可能性
ねずみが電気配線を齧り、漏電や感電して火災になる可能性もあります。実際にねずみが配線を齧って大火災に発展したケースも報告されています。お客様も巻き込む自体も考えられますから、安全面で飲食店が敏感にならなくてはいけないのは、衛生面だけではありません。

自力防除はおすすめできません


飲食店でのねずみ駆除は一般家庭以上に難しいといわれています。食材や食品が常においてあり、またねずみや害虫が最も発生しやすいと言われるグリーストラップ(汚水や油脂を一時的にとどめておくもの)も必ず存在しているからです。また、食べ残しや生ゴミの量も一般家庭の比ではありません。
ねずみにとって最高の餌場、寝床である飲食店でのねずみ駆除を自力で行うのが難しいことはなんとなく想像できますよね。
確かに自力防除は費用を抑えられますが、プロにまかせるように適切にねずみ駆除・ねずみ対策が行えることは少ないと思います。比較的効果があると言われている毒餌は、飲食店にとってリスクが高いのでおすすめできませんし、粘着シートは捕獲することはできても、巣や他の個体がまだある可能性は高く、心配は大きいです。行動パターンもよくわかりません。
ねずみ対策費をケチって、大きな損害を被るリスクを背負うより、必要経費と考え、プロにおまかせすることをおすすめします。
1度だけではなく定期的な対策が必要な場合も多いので、継続して契約できるところを探すことも視野にいれた方が良いでしょう。
テナントの場合は自分のところだけ防除してもビル全体や建物で対策をとらないと解決になりません。他の店舗のオーナー、建物の管理者と相談する必要があります。店舗でのねずみ防除が難しいと言われることはこのあたりの事情も含めてかもしれません。

ねずみ駆除を円滑に進めるコツ


厨房でねずみを見掛けたり、フンや痕跡を発見したら、状況をメモし、痕跡は写真に撮って残しておきましょう。飲食店ではねずみがいたという気配を残しておくことはできませんよね。お客様に悟られたら大変です。
ねずみの痕跡を消す際には、必ず素手で触れることがないよう手袋や掃除器具を使用して行ってください。最初に説明した通り、ねずみやねずみの排泄物は病原菌やウイルスをたくさん所持しています。
ねずみの気配が大きい・頻繁にフンなどの痕跡を見つけるという場合は自主的にしばらく店を閉めて対策をとることも検討しましょう。大きく勇気のいる決断のように思いますが、ねずみがいることを目撃されたり悟られたりすることのリスクの方が何倍も大きいです。 条件や金額、環境にあった施工をしてくれるプロを根気良く見つけることも大切です。あまり強い薬剤を撒けないところや、隣に他の飲食店や店舗がある場合は追い出しにも気を使いますよね。店舗の環境や状況、条件などを挙げ、写真やメモなどを元に業者としっかり施工の方法や内容を確認し合いましょう。

店舗

ねずみが出ない店舗づくりを心がける


飲食店のねずみ対策で、最も大切なことと言っても良いでしょう。
ねずみが嫌がる環境・寄り付かなくなる店舗づくりを心がけることが何よりです。具体的にはどういった対策があるのでしょう?

▼食べ残し・生ゴミはしっかり処分する
臭いの問題や害虫の発生もありますので、日頃から意識されているところだとは思いますが、より一層意識し、食べ残しや生ゴミは長い時間放置しないようにしましょう。袋を2~3枚重ね、しっかりと口を締め、すぐに所定の場所に置きに行くことを心がけてください。

▼グリーストラップを定期的に洗浄する
ねずみ対策だけではなく、飲食店の衛生、清潔さを保つためにグリーストラップの洗浄・掃除は無視できません。

▼ねずみの嫌がる臭いや音を発生させる
飲食店では強い薬剤や忌避剤、燻煙剤は撒けません。ハーブやわさびなど、ねずみにとって刺激が強く、香りの強いものを置いたり、ねずみの天敵である動物の鳴き声、また、ねずみが嫌う周波数音を出すCDも有効のようです。

▼できるだけ侵入口を塞ぐ
ねずみは小さな穴や隙間から入り込んできます。壁の隙間、配管、建物の基礎の隙間、通風口など。また、ねずみ駆除を行ったあとなども徹底してこれを行ってください。

まとめ


いかがでしたか?
飲食店にとって脅威の存在であるねずみ。飲食店での駆除や対策は一般家庭以上に難しいことがわかりました。飲食店にとって、小さなねずみ1匹は非常に大きなリスクを抱えていると認識して、防除につとめましょう。
気配や痕跡を見つけたら、早めに対策をとることも大切です。迅速にねずみ駆除、対策を行い、安全で安心できるお店づくりに努めましょう!

0120-932-621
  • 0120-701-261
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼