ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > 最新情報・レポート > ネズミの習性からどこに住み着いていつ活動するのか予測しましょう

最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ネズミの習性からどこに住み着いていつ活動するのか予測しましょう

ネズミの習性からどこに住み着いていつ活動するのか知りましょう

 

ネズミという生き物は「昼間でも活動できるが外敵から身を守るため夜に行動している動物」です。 それではどの時間帯がネズミの活動時間なのでしょうか?ネズミの生活拠点となる場所は、ネズミの種類によって違います。ネズミには大きくわけて、主に都会や建物の中で生活する家ネズミと、山や野外に住む野ネズミとに分類されますが、家ネズミであるドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの習性から、ネズミがどのように生活し、どこに生息しているのかを知りましょう。

 

 

ネズミの特徴と生態

ネズミはいつ活動し、どのような所に巣を作るのでしょうか。特徴をみていきましょう。

ネズミの活動時間

ネズミは基本的に昼間に眠っているため夜に動き回ることが多いですが、ほかの夜行性生物のように明るい場所で物が見えなくなることはありません。ネズミは暗くないと行動できないというわけではなく、外敵から身を守るために夜に行動していると考えられています。そのため、「昼間にネズミを見た!」というかたも少なくないようです。

 

また、主な活動場所が屋内なのか野外なのかにより活動時間が異なります。屋内の場合、人間の活動時間によって左右され、人間が活動しない時間にネズミが最も活発に行動します。屋外の場合、日の出30~60分と日没後30~60分に最も活発に行動するようです。

 

営巣場所

気がつくと屋根裏や壁の間に入り込んで営巣しているネズミは、寒さに弱く暖かい場所を好みます。

 

ネズミの生活拠点は、クマネズミは天井など高い所に、ドブネズミは地下街や下水道などの低い所というように、種類による棲み分けが目立ちます。近年では再開発の影響で、地中に生息しているドブネズミが住み家を追われて都心に出てきており、繁華街でもドブネズミも頻繁に見られるようになってきました。

 

家の中でもよく見かけるのは、エサを探すと同時に住み家になるような場所を探しているからだと考えられます。屋内での営巣場所もネズミの種類によって異なり、クマネズミは布や布団の綿、断熱材などを巣材にして屋根裏や押し入れの奥、天袋の下、壁の内側などに営巣します。ハツカネズミは放置されているダンボールや新聞紙を巣材にして倉庫や物置などを営巣するといった違いがあります。

 

習性

ネズミの歯は一生伸び続ける性質のためにつねに固いものをかじって歯を削るという習性があります固いものはなんでもかじってしまうので、、木の柱や壁が被害に遭ったという方もいるかも知れません。
他にも電気ケーブルなどもかじってしまうので、漏電や停電の被害が問題視されています。被害が大きくなると火災を引き起こす原因にもなります。

 

嗜好(しこう)

ネズミは雑食性で種類によって好みも変わります。クマネズミは穀物や果実、昆虫、植物の葉や茎、ドブネズミは魚介類や肉類、ハツカネズミは種子や穀物類、草や花、小型昆虫などが好物で、1日に体重の1/4~1/3の量を食べます。また、非常に繁殖力が高く、繁殖期も1年を通じてあるため異常なスピードで数が増えます。ハツカネズミの名前の由来が、約20日のサイクルで1度に5~6匹出産し、年間で6~10回も繰り返す驚異の繁殖力にあるというのはご存知の方も多いかもしれません。

 

学習能力

ネズミは高い学習能力を持つため、ネズミ駆除はとても根気のいる困難な作業になります。ネズミが一匹でも捕獲器や粘着マットなどの罠に引っかかると、それを見た仲間のネズミは「危険な罠だから近づいてはいけない」と認識し、罠で捕獲することが難しくなるケースもあるようです。実験によくマウスが使用されるのは、その高い学習能力を見込んでなのかもしれません。

 

ネズミの生活サイン

ネズミの生活サイン

 

家にネズミが住み着いている方は、夜眠っている時に屋根裏で「カタカタ音がする」「壁をかじる音がする」などネズミの生活音により気がつくという方も多いです。

 

また、ふん尿、体の油汚れによる黒ずんだ痕でネズミがいるかどうかを知ることができます。

 

こういったネズミが家にいることを示す痕跡は、通称“ラットサイン”と呼ばれます。ネズミが見せる動きの特徴として、壁際・家具のすぐそばを通り、部屋の隅から隅へ移動する、というものがあります。ネズミによって警戒心の高低差がありますが、部屋の隅を移動するという点についてはどのネズミにも共通しています。このため、ラットサインは壁際や家具の側面などに集中することがほとんどです。

毒エサが効かないスーパーラット

近年では都会を中心に毒エサの効かないスーパーラットというネズミが急増しています。報告されているネズミ被害の大半がこのスーパーラットによるものだという地域もあるほどです。

 

スーパーラットとは、毒への耐性を持ったクマネズミのことをいいます。クマネズミはもともと運動能力が高く警戒心の高いネズミであるため、駆除がしづらいネズミでもありました。ネズミは一世代ごとの寿命が短いうえに一生で何度も子供を産みます。そのため、毒エサを食べても生き残ったネズミ同士が子供を作ることで毒に強い耐性を持ったネズミが産まれてくることになるのです。

 

普通のネズミが毒や寿命で減っていく中、スーパーラットは出産のたびに増えていきます。スーパーラットが出現した場合は、ネズミの胃液と反応して毒ガスを作る薬品であるリン化亜鉛を使用するか、ネズミ駆除業者に依頼しましょう。ただし、リン化亜鉛は劇薬指定物であるうえ、子供やペットが誤飲してしまう危険性も伴います。ただでさえ捕獲が難しいとされるスーパーラット、無理やり捕獲を試みるより、専門家に依頼するのが確実に駆除できる方法だと言えます。

まとめ

さて、ネズミの習性から、どこに住みついてどういった活動をおこなうのかを知っていただけたでしょうか?ネズミの侵入を止めるには、まずネズミが住みつきにくい環境を整えることが大切です。エサや巣の材料をなくし、侵入する隙間や穴をなくすことを意識しましょう。既に被害が及んでしまっている場合は、被害が拡大する前に専門業者へ依頼することが一番です。ネズミは病原菌を持っていることも多いため、駆除する際は慎重にするようにしてください。

0120-932-621