ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > ラットサインからヒモとく駆除方法!ネズミを追い出す成功術とは?

最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

ラットサインからヒモとく駆除方法!ネズミを追い出す成功術とは?

ラットサインとはどんなもの?

 

ラットサインとは、ネズミが生息している家に現れる兆候のことです。ラットサインを見つけることで、ネズミの姿を直接確認できなくても、ネズミが家に住みついているということがだいたいわかるようになります。

 

この記事では、ラットサインの見つけ方から、ネズミの侵入経路の把握方法、ネズミ駆除の方法までを、わかりやすくご紹介します。家に出るネズミにはどんな種類があるのか、ネズミを放置するとどのような危険があるのかも、しっかりとご紹介していきます。

 

自分の家にネズミがいるかどうかの判断基準にしていただくだけでなく、自分で駆除するべきか、業者に頼むべきかの判断の指針にしてみてください。

 

 

 

ラットサインとはどんなもの?

ネズミが住みついている建物には、「ラットサイン」と呼ばれる現象が見られます。以下の現象に心当たりがあれば、ネズミに住みつかれている可能性が高いです。

 

黒い汚れと足跡

壁や部屋の隅にある黒い汚れや足跡は、ラットサインの1つです。ネズミが生息しているとなぜ壁や部屋の隅が汚れるのでしょう?

 

実はネズミには、何度も同じ場所を壁に沿って走る習性があります。ネズミの身体に付着した糞尿などの汚れが壁にこすれることで、室内に独特の汚れが発生します。ネズミの汚れや油によって、床などに黒っぽいツヤが出る場合もあります。

 

フン・尿

ネズミには、尿を垂れ流しながら動き回る習性があります。そのため、ネズミが室内を動き回った際には、尿による汚れや刺激臭が発生することが多いです。ネズミの尿には蛍光性の物質が含まれているので、たとえ尿が乾いて肉眼には見えにくくなっていたとしても、ブラックライトを当てることで形跡が判明することもあります。

 

黒くてやや細長い、とても小さなものが落ちていた場合は、ネズミのフンである可能性が高いです。

 

ラットサインはどこにある?

ラットサインは以下のような場所によく見られます。

 

・柱

・壁

・天井の隅

・家具

 

これらの場所に、汚れやフン、かじり跡などが見つかったら、ラットサインである可能性が高くなります。

 

家によく出るネズミの種類

家によく出るネズミの種類

 

家に出るネズミにも、さまざまな種類があることはご存知ですか?野山に住むネズミを野ネズミ、家に住み付くネズミを家ネズミといいます。家ネズミはおもに3種類のネズミのことを指します。この章で詳しくご紹介していきましょう。

 

ドブネズミ

家ネズミの中でももっとも大型で、体長は20~28cm以上にもなります。尻尾は身体よりも短く、小さな耳を持っています。お腹は黄色っぽい白、背中は茶色っぽい灰色の毛に覆われています。

 

ドブネズミは警戒心が比較的低く、どう猛な性格です。人家だけでなく、公園・植え込みなどの野外にも生息します。寒さに強く、泳ぎもうまいので、生命力がとくに強いネズミといえます。高いところが苦手です。

 

ラットサインで重要となる、ドブネズミのフンの特徴は、その大きさです。10~20mmはある大型のフンで、太くまとまっています。こげ茶色・灰色をしています。

 

クマネズミ

クマネズミはドブネズミ同様大型のネズミです。体長は15~25cm程度で、ドブネズミと異なり身体よりも長い尻尾と、大きな耳を持っています。お腹は灰色・黄っぽい褐色・白で、背中は黒か濃い茶色です。

 

ドブネズミとは対照的に、クマネズミはとても臆病で、警戒心が強い性格です。泳ぎも寒さも苦手ですが、高いところが得意で、ジャンプ力もあります。狭い空間を好むので、天井裏や壁の中に住んでいることが多い種類です。

 

クマネズミのフンは、ドブネズミのものよりも小型の5~10mmのものです。色は茶色か灰色で、細長くまとまりがないのが特徴です。移動中にフンをするため、あちこちに散乱している場合があります。

 

ハツカネズミ

ハツカネズミは家ネズミ3種の中で一番小さなネズミです。6~10㎝ほどしかなく、大きな耳と、身体よりも小さな尻尾を持っているのが特徴です。お腹は薄い色合いで、背中は白・灰色・黒・褐色などの色をしています。

 

警戒心が低く、おとなしいネズミです。クマネズミ同様、泳ぎと寒さが苦手で、ジャンプ力があります。人家だけでなく、農村や田畑でも生活します。寒さが厳しくなる秋から冬にかけてのみ、人家に入ってくるものもいます。

 

ハツカネズミのフンはとても小さく、4~7mm程度で、米粒くらいです。茶色をしていて、一端が尖っています。

 

ラットサインからねずみの侵入経路を辿る

大人のネズミで2.5~3cm以上、子ネズミでは1.5cm以上の隙間があれば、それはネズミにとって立派な侵入経路になります。ネズミの侵入経路を簡単に抑えたうえで、ネズミが入り込みやすい場所を種類別に見ていきましょう。

 

通気口、換気口

通気口は、屋根の下にあって隙間を作っているものが要注意です。換気口は、古くなって開閉できなくなっているところが絶好の侵入経路になります。

 

キッチン、トイレ

室内に侵入するネズミの多くがキッチンをとおってきているといわれます。

 

キッチンはガス、水道など多くのパイプや配管が通っているため、隙間ができやすいうえ、地続きなのでドブネズミにとっても格好の通路になります。食料からも近く、ネズミにとってはもってこいの侵入経路となるのです。

 

戸袋の隙間、屋根のひさしの隙間

戸袋や屋根の隙間には、比較的大きなスペースがあります。ネズミの侵入経路となりうるだけでなく、ハチや鳥が巣を作ることもある部分です。

 

電線・配管と壁との隙間、配電盤(ブレーカー)

電線・配管が家の中へと取り込まれている部分で、壁に隙間が空いていると、ネズミが入りやすくなります。

 

ブレーカーの配線の導入部分に隙間があることが多く、ここがネズミの侵入経路として使われるケースも多々あります。ネズミが電線をかじると、停電・火災の原因になることもあるので、注意が必要です。

 

建物と基礎の隙間、壁にあるヒビや穴、庭にある穴

建物と基礎の間に隙間がある古い家などは、ネズミにとって格好の標的です。また、耐火ボード材を用いた壁面はとてももろいので、ネズミに直にかじられただけで穴が開くことがあります。

 

庭にも注意が必要です。木の根元などの物陰は、土が柔らかいため、ネズミが自分で穴を掘って、トンネルを作ることがあります。トンネルをとおったネズミによって、室内に侵入されるケースもあるのです。

 

ドブネズミは地下・地上から

ドブネズミは高所が苦手なので、地続きの場所か、地下から侵入してきます。泳ぎがうまいこともあり、トイレや台所の排水管からも室内に侵入することがあるので、注意が必要です。

 

・玄関

・庭にある穴

・床下通風孔、家と基礎の隙間

・出窓の下にある隙間、戸袋

・台所、トイレの配管

 

これらの場所が、ドブネズミの侵入経路です。

 

クマネズミは高所・大きめの隙間から

クマネズミはドブネズミに次いで大きいネズミでしたが、高いところが得意という特徴がありました。そのため、高所にある隙間からも簡単に室内に侵入できます。

 

・エアコンの導入部、換気扇

・二階の窓

・屋根にある窓や隙間、壁のヒビや割れ目

・雨どいの戸袋

・ブレーカー部分、排水管

 

地続きではないからといって、油断はできません。

 

ハツカネズミは高所・小さな隙間からも

ハツカネズミは身体がとても小さいので、ドブネズミやクマネズミが入れない小さな隙間からも屋内に侵入できます。また、クマネズミと同様ジャンプ力があるので、高いところから入ってくることも多いです。

 

・エアコンの導入部

・屋根や二階にある窓や隙間

 

たとえ高所であっても、ほんの少しの小さな隙間があれば、要注意です。

 

ラットサインを確認したら次におこなうこと

ラットサインを確認したら次におこなうこと

 

ラットサインを発見したら、どうすればよいのでしょうか。誰でも、早く駆除をしようと考えることでしょう。

 

効果的な駆除のために、ラットサイン発見以降の正しい手順をご紹介します。

 

ネズミの種類はわかりますか?

ラットサインを発見したら、まずはネズミの種類を特定しましょう。家ネズミの種類ごとのフンの特徴は上記のとおりですが、簡単な見分け方を下にご紹介します。

 

・こげ茶色、灰色の、まとまった大きなフン(10~20mm)→ドブネズミ

・茶色・灰色の、散乱した細長い不揃いなフン(5~10mm)→クマネズミ

・茶色の、一端が尖った小さなフン(4~7mm)→ハツカネズミ

 

フンの特徴をよく観察して、家に住みついているのがどんなネズミなのか、正体を探りましょう。

 

駆除をしましょう

ネズミの正体がわかったら、駆除をおこないましょう。ネズミの駆除は、市販のグッズを使ってできるものと、業者に依頼しておこなうものと2種類があります。ご自分のケースではどちらがより効果的なのか、正しく見極めることが大切です。

 

ネズミ駆除に効果のあるアイテムをご紹介

自分でネズミ駆除をしようと決めたら、駆除方法にはどんなバリエーションがあるか気になりますよね?自分でできるネズミ駆除方法を、メリット・デメリットとともにわかりやすくご紹介します。

 

ネズミ粘着シート

市販の粘着シートを使用してネズミを捕獲するには、以下の手順がおすすめです。

 

1.設置したい場所に新聞紙を敷き詰める

2.新聞紙の上に、粘着シートを隙間なく敷いていく

3.粘着シート上のところどころにエサを設置する

 

注意点

・絶対に隙間を作らないように敷く

・粘着力がとても強いので、触れないように気を付ける

・罠に掛かったネズミは餓死することもあるため、死骸の処理が必要になる

 

粘着シートにネズミが掛かった場合、ネズミの死骸を目にすることも少なくありません。動物の死骸が苦手だというかたにはあまりおすすめできない方法です。

 

忌避剤

ネズミ対策には、忌避剤を使うという手もあります。ネズミが嫌うにおいを利用して、ネズミを家から追い出すことを目的としたグッズです。スプレータイプ、燻煙タイプ、設置型などがあります。

 

メリット

・ネズミと直接接触しなくてもいい

・ネズミを殺さずに追い出すことができる

 

デメリット

・なかなか効果を実感しづらい

・持続性がないため、何度も使う必要がある

 

ネズミが完全に家から出ていくまで気長に我慢ができる!というかたには向いている方法かもしれません。

 

薬剤

ネズミ用の薬剤は「殺鼠剤(さっそざい)」と呼ばれます。忌避剤とは違い、ネズミを駆除するための薬剤です。餌に毒を混ぜることで、それを食べたネズミを駆除するというもので、クマリンという成分を使った商品が多く売られています。

 

ネズミはエサを巣に持ち帰って仲間と分け合う性質があるため、うまくいけばネズミを根絶やしにできる方法です。

 

手順

・自分や家族の口に毒が入らないよう、手袋をするなど充分な準備をする

・ネズミに食べられたものや、ネズミの好物をふりかけるなど、殺鼠剤に細工をする

・被害があった場所、姿をよく見る場所に設置する

・一週間以上動かさずに、ネズミの様子を見る

・一週間程度置いて食べた形跡がなければ、別の毒エサを試す

 

注意点

・毒素がネズミの身体に蓄積するまでの長期戦になる

・正しい場所に設置する必要がある

・ペットのいる場所では誤食の危険がある

・警戒心が強いネズミはなかなか食べないことがある

・ネズミの死骸を処分しなければいけない

・ネズミの死骸を放っておくとダニやウジの発生源になる

 

こちらも、直接ネズミの死骸を処理したくないというかたにはおすすめできない方法です。また、小さなお子さんやペットがいるお家でも、おこなわないほうが安心です。

 

捕獲カゴ

「ネズミ捕り器」とも呼ばれるもので、ネズミをカゴの中におびき寄せ、捕獲するグッズです。

 

手順

・罠に人のにおいが付かないよう、手袋をする

・実際にネズミに食べられた食べ物や、ネズミの好物を、カゴの中に入れる

・カゴを、ネズミの通路や巣からの出入り口の近の物陰に置く

・物陰がない場合は、段ボールや新聞紙でカゴを隠す

・設置して数日間は動かさずに見守る

・定期的にカゴの中を確認する

 

デメリット

・生きたままネズミを捕獲できるが、いずれにしても自分で処理しなければいけない

・捕獲カゴの中でネズミが亡くなり、放置をすると不衛生

・一匹ネズミを仕留めたカゴには二匹目は入りづらい傾向にある

 

捕獲したネズミが生きていた場合、自分で処理する必要があります。粘着シートや殺鼠剤と同様、ネズミの死骸を処理するのが嫌だというかたにはお勧めできない方法です。

 

ネズミ駆除グッズの選び方

以上のように、ネズミ駆除グッズにはさまざまな種類があり、それぞれ効果・使用方法・注意点が異なります。

 

・死骸の駆除はできるか

・どれほど時間の猶予があるか(根気強く対応できるか)

・毒エサを誤食しそうなペットはいないか

 

市販のグッズを使って自分でネズミ退治をしたいというかたは、以上のポイントに注目して、駆除グッズを選ぶようにしましょう。

 

ネズミを放置する危険性と起きる被害

「ネズミが家に住んでいたとしても、とくに危険も被害もないのであれば放っておいてもよいのでは?」とお考えのかたもいらっしゃることでしょう。

 

しかし、ネズミは身体は小さくても、人間には甚大な被害を与えかねない立派な害獣です。ネズミを放置すると、どのような危険や被害が考えられるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

 

健康被害

ネズミを放っておいたことで考えられる被害のひとつが、健康被害です。

 

・ネズミに噛まれる‥‥‥ケガ、鼠咬症、アナフィラキシーショック

・ネズミの糞尿、寄生虫‥‥‥病気の媒介

 

これが、ネズミが人間に与える健康被害の二大要因といえます。ネズミに噛まれると、ケガ、鼠咬症、アナフィラキシーショックといった被害につながるおそれがあります。

 

ネズミによるケガは決して甘く見てはいけないものです。海外では、ネズミにかじられることによる乳児の死亡事故などが起こっています。

 

アナフィラキシーショックは、重度のアレルギー反応のことです。全身性のじんましんに加え、血圧の低下、呼吸困難、意識障害などが起こることが多く、最悪の場合、死に至ります。

 

ネズミの糞尿は、粉末となって空気中に舞いあがり分散しやすいという特徴があります。ネズミが家に住み着いているというだけで、その家で暮らす人々は知らずのうちに、病原菌などを吸い込みながら生活することになりかねないのです。

 

精神被害

ネズミがもたらす被害の中で甘く見てはいけないのが、精神被害です。ネズミが建物に住み着く場合、群れで住んでいる場合も多いです。すると、昼夜問わず壁や天井の内側からネズミの足音が聞こえてきて、ノイローゼのようになってしまうかたもいます。

 

ネズミという動物によいイメージを抱いていない人の場合、ネズミの鳴き声や足音が部屋の壁のあちこちから聞こえてくるという状況は、拷問に近い苦痛にもなります。

 

壁の中からは何かをかじる音が常に聞こえるうえ、たまに室内でその姿を見かけるともなれば、恐怖心は募るばかり。恐怖心から想像力が刺激され、眠っているうちに部屋の中を歩き回っているんじゃないか、すぐそばまで来ているのではないかと、悪いことばかり考えてしまう。

 

このように神経質になってしまう結果、心を病んでしまうかたも少なくないようです。

 

ネズミは年間で数十匹の子どもを出産するといわれています。クマネズミは1年で5~6回出産し、一度の出産で6、7匹の子どもを産みます。1年で30匹以上の繁殖ができるということです。

 

生まれた子ネズミもじきに大人になって生殖が可能になるため、1年間放置していただけでネズミがとてつもない数に増えることもあります。一匹から始まった小さな被害がやがて群集規模になり、居住者の精神に大きな負担をかけることもあるのです。

 

家屋被害

ネズミのかじり癖のせいで、家屋に被害が出ることもあります。

 

ネズミの歯は常に伸び続けており、1年間で10cm以上も伸びるとされます。歯を伸び続けるままにしておくと、食べ物もうまく食べられなくなり、最終的には死んでしまいます。ネズミは何かをかじることによって歯を適度な長さに保っているのです。

 

常に伸び続ける歯をよい長さに保ち続けるためには、常に何かをかじっていなければいけません。そのためネズミは、ある程度固いものなら何でもかじります。それは食べ物や農作物にとどまらず、ときには家具や電気コード、壁や建材などもかじります。

 

そのため、ネズミに建材をかじられつづけた家は、強度の弱い建物になってしまうことがあるのです。

 

ネズミを寄せ付けない3つの対策予防

人間に多くの害をもたらすネズミは、できることなら初めから住み着いてほしくないものです。どのようなポイントに注意すれば家にネズミを寄せ付けずに済むのか、わかりやすく解説します。ネズミにとって好ましいポイントを知って、それを逆手に取ってみましょう。

 

エサを置いておかない

食品や調理道具に関してずぼらなところがあると、ネズミを呼び寄せる原因となってしまいます。部屋の中に果物や根菜などをそのまま置いておくと、ネズミにとっては格好のエサになります。また、お菓子の食べこぼしなどをそのままにしておくのもやめましょう。

 

人間にとってのただの生ゴミも、ネズミには立派な食糧になります。生ゴミは放置したりせず、フタのついたゴミ箱に処分しましょう。また、料理に使用した道具や食器はすぐにきれいに洗うようにしましょう。

 

住みやすい環境にしない

ネズミにとっての住みやすい環境とは、食料が簡単に手に入るかどうかだけが重要なのではありません。姿を隠す物影があり、なおかつ巣作りに適した材料がある場所が、ネズミが好む環境です。

 

ネズミは温度と湿度がある程度ある場所を好みます。段ボールやビニール、布や綿などを部屋に放置しておくと、格好の巣材にされてしまいます。

 

また、外敵がいない環境もネズミにとっては好都合です。ネズミの外敵はキツネ、イタチ、ワシ、タカ、フクロウなどの中型の肉食鳥獣や、ヘビなどの爬虫類です。人間の住居に営巣すると、屋外に巣を作った場合よりも外敵に狙われにくいので、ネズミは安全で快適な人間の住居を好みやすいのです。

 

侵入経路をふさぐ

侵入経路になりそうな隙間を、しっかりと埋めておくことも大切です。ネズミは種類によって、高所からも地下からも侵入してくることは、先ほども述べました。

 

屋根と壁や瓦に隙間はないか、基礎と建物の間にゆがみが生じていないか、電気線の導入口に穴はないか、庭に狙われやすい場所がないかなど、ネズミが入りやすい場所をくまなく調べ、経路を断つことが大切です。

 

建物に住み始めた当初は見当たらなくても、年月を経るにつれてヒビやゆがみが発生し、隙間ができてしまっていることもあります。できるだけこまめに確認して、侵入経路をふさいでおけば安心です。

 

ネズミ駆除の専門業者はなぜ存在しているのか?

ネズミ駆除にも予防法にも、ネズミをよく知らない初心者でもできる方法はあります。では、なぜネズミ駆除の業者という職業があるのでしょうか?ネズミ駆除にプロの業者がいるのはなぜなのか?業者は実際にはどのようなことをしているのか? 詳しく見てみましょう。

 

素人では駆除を失敗する可能性が高い

素人でもできる方法はあるのに、どうしてネズミ駆除の業者が存在しているのか? その一番大きな理由は、「素人では完全駆除は難しい」からといってよいでしょう。

 

素人が自分で駆除をおこなう場合、できる方法はいくつかあっても、それが完璧な駆除につながることは難しいのが実情です。

 

ネズミは大群で生活することも多い動物で、繁殖力もとても強いので、不完全な駆除ではまったく効果をなさないこともあります。また、ネズミは頭がよいため、一度おこなった駆除方法には簡単に引っかかってくれないこともあるので、「どれだけ少ない失敗で完全駆除できるか」ということがとても大切なのです。

 

ネズミ駆除の経験のない人が駆除をしようとすると、あれこれと手段を試すうちにネズミが罠や毒エサに慣れてしまい、こちらの思うように引っかかってくれないようになるケースもあります。

 

また、地道な努力で数匹ずつ駆除していったとしても、その間に残されたネズミが次々繁殖してしまえば、努力もむなしく、ネズミの数も被害も増える一方なのです。

 

業者だからこそできるワザがある

ネズミ駆除というと、「今いるネズミを追い出すか駆除するかして、家からネズミの存在を消す」というイメージが強いと思います。しかし、それと同じくらい、もしくはそれ以上に大切なのが、「ねずみが再び家の中に入ってこないようにする」ということです。

 

一度ネズミに住み着かれた家は、ネズミが居心地のいいと感じる要素を持っている場合も少なくありません。その家からネズミを排除したとしても、それ以上に何も対策をおこなわなければ、再びネズミに寄り付かれることは簡単に想像できます。

 

しかし、実際にネズミを二度と入り込ませないようにするのは、とても難しいことです。ここで、ネズミ駆除の業者の真の力量が発揮されます。業者はネズミが入り込みやすい隙間をしっかりと見抜き、場所ごとに最適の道具を用いて、ネズミの侵入経路を徹底的にふさぐことができるからです。

 

このように、業者は素人には見極められないようなポイントをしっかりと見極めて、効果的にネズミ駆除を進めることができるのです。

 

まとめ

お家にネズミが住み着いているのかを確かめるには、ラットサインを確認するのが効果的でした。フンの形を分析するだけでネズミの種類が大方特定できるので、ネズミの種類ごとの生態や性格をふまえて、効果的な駆除方法を選ぶこともできるようになります。

 

日本の民家に出る三種のネズミ「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」は鳥獣保護法で守られていないため、一般の人による駆除が許されています。ネズミの駆除グッズもたくさんのタイプが売られているので、自分で駆除をしてみようというかたは、自分のこだわりに合ったグッズを選ぶようにしましょう。

 

ネズミの生態から、ネズミ駆除の初心者がネズミを完璧に駆除するのはとても難しいのが現状です。自力でおこなう駆除に少しでも不安があるかた、少ない回数で確実に駆除したいというかたは、ネズミ駆除の業者に依頼をするのが一番確実で安全です。

 

一口にネズミ駆除といっても、たくさんの手段があります。それぞれの方法のメリットとデメリットをよく知ったうえで、自分の要望に一番合うものを選んでみましょう。

0120-932-621