ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > 【クマネズミの駆除】自分でやる方法・業者の費用・侵入対策まとめ

【クマネズミの駆除】自分でやる方法・業者の費用・侵入対策まとめ

【クマネズミの駆除】自分でやる方法・業者の費用・侵入対策まとめ

知能が高く警戒心も強いクマネズミの駆除はプロの業者でも手を焼くほどです。
そのため結論からいえば、駆除はねずみ駆除業者に依頼するほうが確実です

しかし、クマネズミの生態を正確に理解すれば、自力での駆除も不可能ではありません
自力駆除をお考えの方は、当記事でご紹介するおすすめの駆除グッズや駆除方法、注意点を参考に対策してみてください。

「夜通し天井を走る音が聞こえて眠れない」
「早く駆除して安心できる我が家を取り戻したい」

など、一刻も早い駆除をご希望でしたらねずみ110番にお電話ください。

ねずみ駆除のプロがご自宅にうかがい、被害状況を調査して最適な駆除方法をご案内します。
相談窓口は年中無休なので、まずはお問い合わせください。

クマネズミの駆除は自力ではとても難しい

クマネズミはねずみのなかでも被害件数が特に多く、家庭に発生するねずみの大半を占めています。

事実、東京都福祉保健局の資料では、平成21年度~令和元年度までの各年度で、クマネズミの相談件数が最多となっています。

当記事をご覧の方はクマネズミの自力駆除を考えている方が多いと思いますが、冒頭で触れたように自力駆除はとても難しいです。
その理由を大きく5つ挙げて解説します。

【理由1】警戒心の強さ

クマネズミは環境の変化にとても敏感で、見慣れないものにはすぐには近寄りません。
毒エサや粘着シートなどを仕掛けても、引っかかるまでかなりの時間がかかります。

家に住み着いているのが1匹だけではないことも多いため、すべて自力で駆除しようとすると相当な根気が必要です。

【理由2】運動能力の高さ

クマネズミは運動能力が高く、壁や配管を垂直に登ることができます。
さらに電線の上を綱渡りするのも得意なため、行動範囲は床下から屋根裏まで家中すべてにわたります

そのため、地上に近いところをしっかり対策しても、換気扇など高い場所にすき間があると簡単に侵入されてしまいます

クマネズミはネズミのなかでは力も強いほうです。
粘着性の弱いシートだと引き剥がされてしまったり、シートの設置位置が中途半端だと飛び越えられてしまったりして、確実に捕らえるのはとても難しいです。

【理由3】繁殖スピードの速さ

クマネズミは生後3ヵ月から繁殖可能になります。
出産のタイミングは1年に5~6回あり、1回につき5~6匹の子供が産まれます。
生まれた子どももすぐに繁殖可能になるため、まさにねずみ算のようにどんどん数が増えていきます

つがいのクマネズミ1組が入り込んだだけでも、単純計算で1年後には子どもの子どもも含めて全体で500匹近くまで大繁殖してしまいます。

こうなる前に駆除できればよいのですが、実際は自力駆除をしようと決断した段階ですでに繁殖しており、手に負えない状態になっていることも少なくありません。

【理由4】スーパーラットの存在

クマネズミのなかには、殺鼠剤の毒に耐性があるスーパーラットとよばれる個体が存在します。
元々毒に耐性のある個体どうしが繁殖を繰り返すうちに生まれた個体で、通常の殺鼠剤はあまり効き目がありません

さらにスーパーラットの外見は通常のクマネズミと同じなため、見た目だけで判断するのはとても難しいです。

自力駆除しようと殺鼠剤を置いて引っかかるのを待っている間に、どんどん繁殖して被害が拡大してしまうことも考えられます。

【理由5】感染症のリスク

クマネズミに限らず、ねずみの自力駆除には常に感染症のリスクが付きまといます。
ねずみがもたらす感染症のなかには、命に関わる重篤な症状を引き起こす病気もあるため、できればプロに駆除してもらうほうが安全です。

確実に駆除するなら業者への依頼がおすすめ

少しでも安全にかつ確実にクマネズミを駆除するなら、ねずみ駆除業者への依頼がおすすめです。
駆除業者に依頼するメリットを4つ挙げました。

駆除業者に依頼する4つのメリット
  1. プロの現地調査で現在の被害状況がわかる
  2. 死骸やフンの清掃・消毒まで任せられる
  3. 再発防止の予防対策もお願いできる
  4. 再発保証が付いていればいざというときも安心

業者のねずみ駆除費用の相場

業者のねずみ駆除費用は、一部駆除か完全駆除かで大きく変わります。
どちらも施工範囲が広くなるほど金額が高くなります。

・一部駆除
建物に目立った被害がなく、ねずみの数も少ない場合。
ねずみの駆除だけで済むことが多い。

・完全駆除
建物の被害が大きく、ねずみがすでに繁殖している場合。
ねずみの駆除に加えて、消毒清掃・再発防止対策が必要になることが多い。
いちどで終わらず複数回施工しなければならないこともある。

ちなみに、ねずみ110番の施工事例3,425件から算出される平均施工額は107,893円です。
「ちょっと高い……」と思う方もいるかもしれませんが、全体のおよそ4割が50,000円以下で完了している事実もあります。

ねずみ110番では、無料のお見積り・現地調査を実施しています。
詳細な駆除費用を知りたい方は、年中無休の相談窓口をぜひご利用ください。

自力駆除をするならクマネズミの生態を知ろう

ここからは、「業者を使うメリットはわかったけど、それでもなるべく自力でやりたい」方のために、クマネズミを駆除するコツをご紹介します。

まずはクマネズミの生態を理解するところから始めましょう。

クマネズミの生態
クマネズミのイラスト
見た目 体長は約16~23cm。黒や茶褐色の体に、大きな耳と長いしっぽを持ち鼻先がとがっている。
性格 臆病で警戒心がとても強い。
食性 何でも食べるが、穀物や果実が大好物。
巣の場所 高いところが好きで、屋根裏や壁の中に住み着く
行動時間 夜行性。人前に現れることはほぼない。
侵入経路 屋根裏・雨樋・換気扇・窓などの高所

クマネズミは性格や巣の場所も相まって、人前にあらわれることはあまりありません。
そのため、罠の設置にはラットサインの見極めが大切になります。

ラットサインから侵入口を特定できる

ラットサインは、ねずみが通ったことを示す痕跡です。
ねずみは壁に沿って走る習性があるため、壁や柱の隅に黒い汚れが付着していることが多いです。

ラットサイン①

ねずみは伸び続ける歯を削るためにさまざまなものをかじります。
電気コードや木製の家具、厚めの紙などにかじり跡がないかもチェックしてみましょう。

ラットサイン②

クマネズミのフンも居場所や侵入経路を特定する目印になります。
ただし、ねずみのフンは菌だらけです。
形などを詳しく観察したい場合は、写真を撮って画像で確認しましょう

自力駆除に使えるおすすめグッズ3選

ある程度クマネズミの侵入経路を特定できたら、実際に駆除グッズを設置してみましょう。
おすすめの商品3つと、使用時のコツをご紹介します。

クマネズミは人の気配に敏感なため、設置する際は手袋を付けて匂いが付かないようにしてください。

殺鼠剤

ねずみ駆除_毒餌_使用例

クマネズミに毒が入ったエサを食べさせて駆除する方法です。
殺鼠剤の設置場所や設置方法を参考に、お試しください。

ただしクマネズミは警戒心が強いため、いつもエサを探しに来る場所に普段と違うエサがあるとわかると近づかなくなります。

なかなか引っかからない場合は、殺鼠剤に好物のソースや油などを数滴かけたり、米や粟などを振りかけたりして工夫してみましょう。
毒エサよりおいしい食べ物を周りに置かないことも意識してください。

▼デスモアプロ 投げ込みタイプ

楽天で購入する

【注意】

この方法では、殺鼠剤を食べて死んだクマネズミの死骸を探して回収する必要があります。
万が一天井裏や壁のすき間で死んでしまうと探すのも処理するのもとても大変です。

自分で死骸を処理する自信がない方や、ご家族の中に小さなお子さんやペットがいて殺鼠剤を使用することに不安がある方は他の方法を試してみましょう。

粘着シート

ねずみ駆除_粘着シート_使用例

粘着シートをクマネズミの通り道に敷き詰めて捕まえる方法です。
クマネズミは力が強くシートを引き剥がしてしまうこともあるので、粘着性の強いシートを使ってください。
上を通らないと移動できないくらいに敷き詰めておくと効果的ですよ。

クマネズミが引っかかったら、そのままシートを折りたたんで、新聞紙や袋で中身が見えないようにしっかりと包み、可燃ゴミへ出しましょう(※自治体によって異なる場合もあります)。

▼高儀 粘着ねずみとりシート 防水ブック型

高儀 粘着ねずみとりシート 防水ブック型

楽天で購入する

【注意】

粘着シートに引っかかったねずみの姿を見て、かなり衝撃を受ける方も多いようです。
シートごとそのまま捨てられるとはいえ、確実に死骸を目撃することになるため、苦手な方はご注意ください。

燻煙剤

ねずみ駆除_燻煙剤_使用例

燻煙材を焚き、クマネズミが嫌う臭いを家中に広げることで、ネズミを殺さずに追い出して駆除できます。
天井裏など、固形の殺鼠剤や粘着シートを設置しづらい場所にも施工できるため、家中隅々まで対策したい方におすすめです。

ただし、ペットや子供、観葉植物などがいる場合は、念のため事前に屋外に避難させるなどしておきましょう。

▼アース製薬 ネズミ一発退場 くん煙タイプ

楽天で購入する

【注意】

燻煙剤の効果が続く時間は短いため、定期的に焚き直す必要があります。
さらに、ねずみが匂いに慣れてしまうと効果が弱まってしまうため、駆除の確実性でいえば殺鼠剤や粘着シートには劣ります。

駆除グッズを試してみても効果を得られない場合は、お早めにねずみ110番にご相談ください。
ねずみ110番に在籍するプロが、現地調査をしたうえで最適な駆除方法をご案内・施工いたします。
施工後1年間の保証も完備していますので、万が一の再発時も安心です。

駆除したあとは再侵入を防ぐ対策を!

ネズミ予防のポイント

ねずみを駆除したあと、侵入経路になる隙間やねずみが好む環境がそのままになっていませんか。
いまいちど家の環境を見直してみましょう。

侵入経路を塞ぐ

ねずみの侵入口になりやすい場所や、今ある隙間は対策グッズを使って塞ぎましょう。

おもな対策グッズ
  • 防鼠用金網
  • 防鼠用パテ
  • パンチングメタル
  • 防鼠用ビニールテープ
    など

排水管のヒビには、詰め込める防鼠用パテが効果的です。
壁や基礎部分のヒビにも使用できますよ

エアコンの開口部や換気扇、基礎の換気口などには、自由に曲げ伸ばしができる防鼠用金網パンチングメタルがおすすめです。

外の配管周りには防鼠用ビニールテープを巻いて、ねずみが登ってこられないように対策しましょう。

食べ物を片付ける

ねずみのエサになる食べかけのお菓子や食材などは外に出しっぱなしにせず、ふたが固くて重い容器や冷蔵庫などに収納しましょう

クマネズミは雑食で、生ゴミに入っている食材のクズもエサになります。
放置していると虫が湧く原因にもなるため、きちんと回収日に出して溜めないようにしましょう。

回収日に間に合わなかった場合は、忌避剤をスプレーする、生ゴミが外に漏れないような収納ボックスに入れるなどの対策をしてください。
夏場は冷蔵庫に入れておくのがおすすめです。

掃除をして部屋を整頓する

ダンボールや古紙、雑誌などはねずみの巣作りの材料になるので、古いものは早めに処分しましょう

洋服やふとん、その他繊維製品もねずみに狙われやすいです。
普段からきちんとタンスにしまうなど、部屋を整頓しておきましょう。

クマネズミの駆除・侵入対策はねずみ110番にお任せください

ねずみ110番では、ねずみの生態を知り尽くしたプロがお客様のご自宅にうかがい、迅速かつ徹底的に駆除をおこないます。
駆除が難しいとされるクマネズミの駆除もお任せください。

もちろん、駆除後の消毒・清掃や侵入対策もしっかりとおこなわせていただきます。
ねずみに関するお悩みにトータルに対応可能なのがねずみ110番の強みです!

「自分で駆除しようとしたけど駆除しきれなかった」
「ねずみを駆除したいけれど死骸の処理はしたくない……」

こんなお悩みをおもちでしたら、ぜひいちどねずみ110番にお問い合わせください。

ねずみの駆除ならねずみ110番にお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

現在、にすぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー