ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > 【結論】クマネズミの駆除は簡単じゃない!ベストな対策と予防法

【結論】クマネズミの駆除は簡単じゃない!ベストな対策と予防法

クマネズミ3つの駆除方法と、短期間で駆除を成功させるコツ

「クマネズミを駆除したいからおすすめグッズが知りたい……」
「足音に食害にもう限界、どうにか駆除できないの?」

知能が高く警戒心も強いクマネズミの駆除はプロの業者でも手を焼く程であり、決して簡単ではありません。

自力での駆除も不可能ではありませんが、そのためにはクマネズミの生態を正確に理解した上で慎重に対策を練る必要があります。

なぜならばクマネズミは、中途半端に罠を仕掛ければより警戒心を強くし、殺鼠剤も食べている内に耐性を獲得するなど、生半可な対策をすればする程駆除が難しくなってしまうからです。

結論から言えば実績のある業者への依頼をおすすめしますが、この記事では自力駆除の方法や注意点についても詳しく解説していきます。

この記事でわかること
・クマネズミの駆除は自力ではとても難しい
・罠の設置場所はラットサインで判断!
・駆除後の徹底予防が再発防止のポイント

一通り目を通すことで、クマネズミの効果的な駆除方法がわかり、ネズミの騒音や食害に悩まされない安心の生活を取り戻すことができるでしょう。

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

クマネズミの駆除は簡単じゃない!自力駆除が難しい4つの理由

クマネズミはネズミの中でも被害件数が群を抜いて多く、家庭に発生するネズミの大半を占めています。

事実、東京福祉保健局の資料によると、平成21年度~令和元年度までの各年度で、クマネズミに関する相談件数が最多です。

しかし、もっとも発生件数が多いネズミであると同時に、一番駆除が難しいのもこのクマネズミなんです。

クマネズミの駆除が難しい4つの理由
・他のネズミより警戒心が強い
・圧倒的な繁殖力
・高い運動能力
・耐性を持つスーパーラットへの進化

これらの理由からクマネズミの駆除は難易度が高く、プロの駆除業者でも万が一の再発に備えて保証期間を設定していることがほとんどです。

>>1年保証付きのネズミ駆除業者はこちら

他のネズミより警戒心が強い

クマネズミは他のネズミよりも臆病で警戒心がとても強いです。

環境の変化にとても敏感であり罠を仕掛けても数日や1週間程は近寄りませんし、群れの中の一匹が罠に引っ掛かると仲間たちはその罠を軒並み回避するようになってしまいます。

そのため、粘着シートや毒餌(殺鼠剤)などをしっかり使うには、クマネズミの生態への深い理解や駆除のノウハウを必要とされます。

運動能力が高い

クマネズミは家屋に出現するネズミのなかでも最高の運動能力を持ち、狭い壁伝いを移動したり、壁やパイプを垂直に上ることも可能です。

ケーブルの上などの綱渡りも得意としており、床下から1階、2階と家中を容易に駆け回ります。

地上に近い場所をしっかり対策しても、換気扇など高い場所にすき間があると、侵入されてしまうことがあるのです。

ネズミのなかでは力も強い方で、粘着性の弱いシートは引き剥がしてしまったり、設置位置が中途半端だと飛び越えてしまうこともあります。

ただ、弱点として泳ぎは苦手なので排水溝などからの侵入は少なめです。

繁殖しやすい

クマネズミは繁殖のスピードも早く、寿命は約3年ながら年間に5回前後、一度に5匹程の子供を産みます。

さらに、産まれた子供も3ヶ月も経てば生殖が可能になります。

単純計算で、家につがいのネズミが一組張り込んだとして一年も経てば、子供の子供の数なども含めて500匹近いネズミが産まれてしまうことになってしまいます。

実際には死んでしまうネズミもいるので、生き残る数はそれ程多くないでしょう。

しかし死骸は家の中に残ってしまい衛生環境は悪化してしまいます。

ネズミ講という言葉もありますが、ご説明したように一匹二匹捕まえても効果は薄く、根本的な対策を取らなければ次々と数が増えていきます。

耐性を持つスーパーラットへの進化

通常のクマネズミよりも、知能や運動能力が高く殺鼠剤(毒餌)への耐性を持ったネズミをスーパーラットと呼びます。

自力駆除が中途半端になってしまうと、クマネズミは罠の位置を察知し、毒にも耐性を持ち始めスーパーラット化してしまうことがあります。

また、毒に耐性を持ったクマネズミが交配を繰り返すうちに、生まれてくる子の毒への耐性がどんどん強くなり、やがて毒がより効きにくくなるスーパーラットが産まれてしまうのです。

無料見積り実施中!
 スーパーラットの駆除もお任せ 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

【関連記事】スーパーラットの対策とは

確実に駆除するなら業者への依頼がおすすめ

以上の理由から、自力でのクマネズミの駆除はいたちごっこに陥りがちであり、その間に衛生環境や家屋への被害が深刻化してしまうこともめずらしくありません。

結論から言えば、クマネズミの駆除はプロである業者に依頼するのがベストであると言えます。

駆除業者へ依頼する4つのメリット
1.ネズミ駆除のプロが間違いない対応をする
2.死骸やフンなどの清掃や消毒までお任せ
3.再発防止の予防対策まで徹底
4.再発保証が付いていればいざというときも安心

業者依頼の費用相場

「メリットはわかったけど、駆除業者に依頼すると高いんじゃないの……?」と考える方もいるでしょう。

しかし、弊社が集めた3,425件の施工データによるとネズミ駆除を依頼した人達の41%は50,000円以下の料金に収まっています。

弊社のねずみ110番はお見積り・現地調査無料で、金額をご覧になってから、お断り頂いても全く問題ありません!

ネズミ被害に悩まされている方は気軽にご相談くださいね。

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

駆除の基本は敵を知ること!クマネズミの生態について

ここからは、「業者を使うメリットは分かったけど、それでもなるべく自力でやりたい……」という方のために、クマネズミを駆除するノウハウをご紹介していきます。

これまでご説明してきたように賢く警戒心の高いクマネズミは「とりあえずキッチンの隅に粘着シートと殺鼠剤を置いておこう」というような、半端な駆除を試みても、より警戒心が強くなっていくだけで逆効果です。

そのため、自力駆除をするなら前提としてクマネズミの生態をちゃんと理解しておくことが重要です。

クマネズミの生態と生活

クマネズミの生態
クマネズミのイラスト
見た目 体長は約16~23cm。黒や茶褐色の体に、大きな耳と長いしっぽを持ち鼻先がとがっている。
性格 臆病で警戒心がとても強い。
食性 何でも食べるが、穀物や果実が大好物。
巣の場所 高いところが好きで、屋根裏や壁の中に住み着く
行動時間 夜行性。人前に現れることはほぼない。
侵入経路 屋根裏・雨樋・換気扇・窓などの高所

このようにクマネズミは性格や巣の場所も相まって、基本的に人の前に現れることはありません。

そのため、罠の設置にはラットサインの見極めが大切になります。

駆除の前にラットサインを見つけておこう

ラットサインとは、ネズミがその場所にいたということを示す痕跡のことです。

クマネズミの場合、家の柱や壁、家具などに下記のような跡が残っていることがあり、ラットサインがある場所へ罠を仕掛けると効果的でしょう。

柱付近の黒ずみ

柱のラットサイン

クマネズミは基本的に壁伝いを移動する性質がありますが、その体にはさまざまな汚れが付いています。

そのため、クマネズミの通り道は黒っぽく汚れていることが多いです。

排泄物

クマネズミに限りませんが、ネズミはフンや尿を移動中におこなうため、フンがあればそこはネズミの移動経路となっている可能性が非常に高いです。

クマネズミのフンは5m~10m程で、形状は細長です。

かじり跡

かじった後のラットサイン

電気コードや木製の家具、厚めの紙など、ネズミは伸び続ける歯を削るためにさまざまなものをかじります。

壁に穴をあけてしまうこともめずらしくありませんので、家中をチェックしてみましょう。

駆除グッズを使用する前にラットサインの下調べをしておけば、クマネズミの駆除に向けて一歩前進です。

【関連記事】ラットサインからヒモとく駆除方法!ネズミを追い出す成功術とは?

自力で駆除する方法とおすすめグッズ

この章では自力でクマネズミを駆除するためのおすすめグッズや、使用時のコツをご紹介します。

前提としてクマネズミは人の気配に敏感なため、罠をあつかう際は手袋を付けて匂いがつかないようにすることが大切です。

臆病なクマネズミは1週間程は罠に近づきもしない可能性もあるので、焦らずに待ちましょう。

殺鼠剤を使う方法

毒餌(殺鼠剤)でネズミを駆除する図

クマネズミに毒が入ったエサを食べさせて駆除する方法です。

ただし、クマネズミは警戒心が強いため、いつもエサを探しに来る場所に、普段と違うエサがあるとわかると近づかなくなります。

殺鼠剤にクマネズミの好物であるソースや油などを数滴かけたり、米や粟などを振りかけたりして工夫してみましょう。

そして、毒エサより美味しい食べ物を周りに置かないことも大切です。

注意点としては、殺鼠剤を食べたクマネズミは家のどこかで死んでしまうため、死骸の回収作業が必要になります。

天井裏や壁のすき間で死んでしまうと処理がとても大変になるので、自分で死骸を処理する自信がない方や、ご家族の中に小さなお子さんやペットがいて、殺鼠剤を使用することに不安がある方は他の方法を試してみましょう。

▼デスモアプロ 投げ込みタイプ

楽天で購入する

アース製薬が開発したデスモアプロはスーパーラットにもしっかり効果がありますので、クマネズミの駆除には打ってつけの製品です。

【関連記事】【ねずみ対策】効果的に駆除する殺鼠剤の設置方法や予防法をご紹介

粘着シートを使う方法

粘着シートでネズミを駆除する図

粘着シートをクマネズミの通り道に敷き詰めて捕まえる方法です。

クマネズミが引っかかったら、そのままシートを折りたたんで袋に包み、可燃ゴミへ出しましょう(※自治体によって異なる場合もあります)。

注意点として、クマネズミは力が強くシートを引き剥がしてしまうこともありますので、粘着性の強いシートを使うことを意識してください。

設置は数枚だけではなく、その上を通らないと移動できない位敷き詰めておくと効果が高くなります。

▼高儀 粘着ねずみとりシート 防水ブック型

高儀 粘着ねずみとりシート 防水ブック型

楽天で購入する

【関連記事】ネズミ駆除は粘着シートが有効?コツをおさえて確実に捕獲しよう!

燻煙剤

燻煙剤でネズミを駆除する図

燻煙材を焚き、クマネズミが嫌う臭いを家中に広げることで、ネズミを殺さずに追い出して駆除することができます。

しかし、効果の持続時間は短いので定期的に焚き直す必要があります。

また、一度匂いに慣れてしまうと出て行ったネズミが帰ってきてしまうこともあるため、駆除の確実性で言えば殺鼠剤や粘着シートには劣ります。

ペットや子供がいる場合は事前に説明書をよく読んで、万全の配慮をしておきましょう。

▼アース製薬 ネズミ一発退場 くん煙タイプ

楽天で購入する

【関連記事】ネズミ駆除は粘着シートが有効?コツをおさえて確実に捕獲しよう!

駆除後は再侵入を予防しよう

ネズミ予防の3つのポイント

駆除をしてそれで終わりではなく、今後ネズミの被害に遭わないためにも家の環境を見直してみましょう。

ネズミが嫌がる環境を作れば、自然とネズミは寄り付かなくなり、悩まされることも無くなるでしょう。

侵入経路を塞いでおく

ネズミの侵入口になりやすい場所を、防鼠用金網やパテ、パンチングメタルなどで塞いでおきましょう。

排水管のヒビやエアコンの開口部などには詰め込める防鼠用パテが便利です。

防鼠用パテは壁や基礎部分のヒビにも使用することができますよ。

クマネズミの主な侵入経路
・屋根裏や屋根の隙間
・雨樋や排水パイプ
・換気扇や室外機
・窓や家の壁の隙間
・網戸(食い破って侵入)

網戸は塞ぐことができませんので、ハーブや唐辛子などネズミの忌避剤として働く匂いをつけておくと効果的です。

【関連記事】ネズミの侵入口の見つけ方とふさぎ方!対策の際はラットサインに注目

食べ物を外に出しておかない

ネズミのエサになる食べかけのお菓子や食材などは外に出しっぱなしにせず、蓋が固くて重い容器や冷蔵庫などに収納することを心掛けましょう。

クマネズミはビニール位なら簡単に食いちぎってしまうので、常日頃から注意が必要です。

また、クマネズミは雑食ですので生ゴミに入っている食材のクズもエサになります。

放置していると虫が湧く原因にもなりますので、きちんと回収日に出して溜めないようにしましょう。

回収日に間に合わなかった場合は、忌避剤を振りかけたり生ゴミが外に漏れないような収納ボックスに入れておくなどして対策をしましょう。

掃除をして巣の材料を減らす

段ボールや古い新聞紙、雑誌などはネズミがかじり巣の材料になってしまいます。

このような紙類もきちんと整理整頓し、ネズミが家に住み着くための原因を取り除いておきましょう。

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

クマネズミの駆除は難しい!それでも放置はNG

これまでご説明してきたようにクマネズミの駆除は簡単ではありませんが、だからと言って放置しておくとさまざまな問題が発生してしまいます。

クマネズミは多数の病原菌を保持しており、ネズミ由来である病気の代表格として、腎症候性出血熱、サルモネラ症、E型肝炎などがあります。

これらはネズミが触れた食器や食べ物、フン、尿などから媒介し小さなお子さんや高齢の方がかかると危険な状態になることもあります。

参照:東京都ねずみ防除指針「被害の実態」│東京都福祉保健局

また、クマネズミがかじった電気コードから漏電して火災が発生することもあったり、家具や柱を駄目にしてしまったりなど、百害あって一利なしです。

クマネズミの放置は厳禁です、できる限りの迅速な駆除を目指しましょう。

まとめ

クマネズミは高いところも楽々登ることができるので、人の住む建物にいつの間にか入り込んでいることがあります。

また、警戒心が高く人前に現れることがほとんどないため、駆除の難易度は高いです。

あらゆる駆除方法を試しても効果が見られない場合も、決して放置はせず、ネズミ駆除業者へ迷わず相談してみましょう。

ねずみの駆除ならねずみ110番にお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

現在、にすぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー