ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > ネズミを追い出す方法!屋根裏・天井裏から足音が聞こえたら要注意

ネズミを追い出す方法!屋根裏・天井裏から足音が聞こえたら要注意

ネズミを追い出す方法!屋根裏・天井裏から足音が聞こえたら要注意

屋根裏や天井裏から小さな足音が聞こえてきたら、「ネズミがいるのかもしれない……。」と不安に思われるでしょう。しかし、その足音の正体は本当にネズミなのでしょうか?もしネズミが家にいたら、ラットサインと呼ばれる証拠が家にあるはずです。まずはネズミが家に住み着いているのか確認してみましょう。

ネズミを追い出す方法には、嫌いなニオイや音を使った方法や、駆除する方法があります。それぞれの特徴や効果を見ながら、家の環境に合ったものを選びましょう。

ネズミは追い出すだけでなく、再び侵入されるのを予防することが肝心です。追い出すことができたら、再び侵入されてしまわないように対策をおすすめします。

\ 納得の料金でネズミを迅速に駆除! /

無料見積り実施中!
ネズミの駆除ならねずみ110番へお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

>>ねずみ110番の詳細はこちら

家にネズミがいるか確かめる方法

屋根裏や天井裏から小さな足音のような音が聞こえる場合、その正体はネズミ以外にもイタチやハクビシン、アライグマ、コウモリである可能性があります。ネズミが家に住み着いているかどうかは、「ラットサイン」の有無で確認できるため、まずは家の中にラットサインがないか探してみましょう。

ラットサインは、ネズミのフンや尿、黒い汚れのことをいいます。ネズミは壁に沿って走る習性があるため、壁や部屋の隅に付着していないか確認してみてください。

フンらしきものが落ちていた場合、4~10ミリメートルくらいの大きさであればネズミ、5センチメートル以上の大きさの場合はネズミ以外の動物である可能性が高いです。家ネズミ以外の動物は「鳥獣保護法」によって勝手に駆除することが禁止されているため、被害に気付いたら害獣駆除の業者に相談してみましょう。

ネズミをニオイや音で追い出す方法

ネズミを家から追い出したいけど、直接駆除するのは抵抗がある方は、ネズミの嫌いなニオイや音で追い出す方法がおすすめです。順番に特徴や使い方、効果を解説していきます。

くん煙タイプの忌避剤

ネズミが嫌う成分と煙の成分を広範囲にまく忌避剤です。ネズミが潜んでいそうな屋根裏や床下、倉庫などに設置して使用すれば、隠れているネズミを追い出すことができます。

ただし、くん煙タイプを使用すると火災感知器が反応する場合があります。使用するときは、火災報知器をポリ袋などで多い、薬剤がかからないように注意しましょう。

メリット
広範囲に効果が期待できる
わずかな隙間にも薬剤が届く

デメリット
使用中は家の外に出る必要がある
ペットがいる場合は一緒に家の外に出る必要がある
火災感知器が反応しないように注意が必要
電化製品や食料品を保護する必要がある

▼ネズミ一発退場(くん煙タイプ)ネズミ用忌避剤(10g)【アース】

楽天で購入する

設置タイプの忌避剤

ネズミが嫌う成分の入った薬剤を設置して使う忌避剤です。ラットサインがあった場所やネズミが潜んでいそうな場所に設置すれば、ネズミを追い出すことができます。即効性はない一方、効果は数カ月もつものが多いです。

メリット
持続性が高い

デメリット
野外ではあまり作用しない

▼天然ハーブのネズミのみはり番 350g 忌避剤

楽天で購入する

スプレータイプの忌避剤

ネズミが嫌うニオイの薬剤を噴射して使う忌避剤です。ラットサインがあった場所などに吹きかけたり、ネズミに直接吹きかけたりすれば、ネズミを追い出すことができます。他の忌避剤との併用やネズミが出現したときの応急処置として有効です。

メリット
屋根裏や天井裏でも撒くことができる

デメリット
効果が短い
使い場所が限られる
ネズミがニオイに慣れる

▼ねずみ駆除 即効忌避スプレー ネズミZ 480ml

楽天で購入する

超音波型

ネズミが嫌う周波数の音を使って追い出すことができるグッズです。人間には聞こえない周波数であるため、安全に使用できますが、商品や状況によっては効果がなかったという意見もあります。

メリット
ニオイがない
危険性が低い

デメリット
ネズミが慣れる可能性がある
効果の範囲が狭い商品もある

ハッカ

ハッカはネズミが嫌うニオイであり、忌避剤にも使用されています。また、ハッカはネズミだけでなくゴキブリにも効果があります。使用するときは、ハッカ油を薄めてスプレーにするのがおすすめです。

●必要なもの

  • スプレー容器
  • ハッカ油 …… 10摘
  • 水 …… 45ミリリットル
  • 無水エタノール …… 5ミリリットル

●手順

  1. スプレー容器に無水エタノールを入れる
  2. ハッカ油を加え、容器を振って混ぜる
  3. 水を加える
  4. 容器のふたを閉める

ハッカスプレーは、暗い場所で保管してください。使用期限は2週間ほどです。

メリット
消臭作用もあるため
排水溝やシューズボックスのニオイ対策にも使用できる

デメリット
猫が吸い込むと中毒を起こすことがある
香りに敏感なフィレット、小鳥、子犬なども気を付ける必要がある

唐辛子

ネズミは臭覚が優れているため、唐辛子に含まれる「カプサイシン」という成分の刺激臭が苦手です。唐辛子を忌避剤がわりに設置しておくことで、ネズミを家から追い出す効果が期待できます。生の唐辛子はカビが生えるおそれがあるため、乾燥した唐辛子をお茶パックやビニールネットなどに入れて設置しましょう。

メリット
安く手に入る
人体に影響がない

デメリット
効果の持続性が低いため
こまめに入れ替える必要がある

わさび

ネズミはわさびのニオイも苦手です。ネズミのエサ場となる台所やよく通る場所に設置しましょう。生わさびより粉わさびのほうが効果的です。

メリット
人体に影響がなく
台所にも置くことができる

デメリット
定期的に取り替える必要がある

防虫剤

「樟脳(しょうのう)」という防虫剤にはネズミにとって強い刺激臭があるため、追い出す効果があります。ネズミがいそうな場所にしょうのうを設置しておきましょう。細かく砕いてふりまくと、広範囲に広げることができます。

メリット
ネズミ以外の害虫にも効果がある

デメリット
持続性を確認し、効果が切れたら新しく交換する必要がある

回転灯

回転灯とは、パトカーや救急車などに使用されているランプです。回転灯のなかでも赤色の回転灯は、ネズミにとって火を連想させるため、離れてくれる効果があります。

メリット
薬剤を使用しないため安全

デメリット
家から光が漏れ出すと近所迷惑になる
ホコリが多い場所に設置すると発火する危険性がある
コストがかかる

その他の方法

ネズミをニオイで追い出す方法には、他にも「蚊取り線香」「正露丸」を使用する方法があります。蚊取り線香はネズミが嫌う煙やニオイを漂わせていますが、室内に設置しなければ効果はありません。また、蚊取り線香の煙はネズミ用ではないため、忌避剤ほど効果はないです。

正露丸の「クレオソート」という成分はネズミが嫌います。ただし、正露丸も本来の用途と異なるため、効果が出るとは限りません。正露丸を家にまくと、部屋中正露丸のニオイがします。

ネズミを駆除して追い出す方法

ネズミが嫌いなニオイや音で追い出す方法をご紹介しましたが、効果があらわれずネズミが家の外へ出ていかない場合は、駆除する方法を検討してみましょう。

ねずみに遭遇してしまった時の対処法

殺鼠剤

毒の入ったエサを食べさせて駆除するタイプの罠です。速効性のあるものと何度が食べてから効果が出るものがあります。ネズミが毒エサをすみかに持ち帰って食べたあとで死ぬ場合、目の届かないところでネズミの死骸が放置されてしまうおそれがあります。その場合、悪臭やシミの原因にもなるため、設置をしたら定期的に様子を見にいくようにしましょう。

また、ネズミは警戒心が強いため、先に毒のないエサを置き、数日たってから毒エサを設置すると罠にかかりやすくなります。

メリット
仕掛けを設置するのが簡単

デメリット
ネズミは警戒心が強いため、食べないこともある
毒に耐性のあるクマネズミ(スーパーラット)には効かない場合がある
死骸の場所がわからない

粘着シート

ネズミの通り道に置き、強力な粘着のりで捕まえるタイプの罠です。引っかかったらそのまま処分すれば済むため、殺鼠剤よりもお手軽です。しかし、引っかかるまでの下準備が重要になってきます。

ネズミは何度も同じ道を通る習性があるため、ラットサインのある場所に設置しましょう。ラットサインが見つからない場合は、壁際や部屋の隅、角、家具の間などにシートを隙間なく敷き詰めてください。

また、ネズミの足が汚れていると捕獲しにくくなるため、新聞紙の上に粘着シートを設置するのがおすすめです。最初は粘着部分を隠したまま設置し、警戒心がなくなったころに粘着面を出して設置するとより効果的です。

メリット
処理が簡単

デメリット
ネズミを一部捕獲できても、他にもまだいる場合は警戒されてしまうため、1週間ほどたってから再び設置し直す必要がある

ネズミ捕り器

ネズミをエサでおびき出して捕まえるタイプの罠です。バネ式の罠とカゴ式の罠があります。好奇心が旺盛なネズミに対して効果的といえます。エサはサラミなどニオイがして腐りにくいものがおすすめです。

ネズミは警戒心が強いためすぐに捕獲はできないので、1週間~10日間ほど根気よく待つ必要があります。捕獲後、ネズミを処分する必要があります。処理を怠ると死骸が腐乱していくため、罠にかかったあとのネズミを放置しないようにしましょう。

メリット
何度も使用できる

デメリット
生きたまま捕獲するため、溺死させるなどの処理をする必要がある

ネズミを寄せ付けないポイント

ネズミを追い出すことに成功したあとは、ネズミを近寄らせないことが大切です。3つのポイントを紹介します。

1.エサを与えない

食べ残しや食べこぼしはもちろん、ペットフードや生け花もネズミのエサとなります。食品は必ず容器にしまい、戸棚に入れ、生ゴミはふたのついた容器に入れましょう。定期的に部屋の掃除をするのも大切です。

すでに食べられてしまっている場合は、食料の近くや通路に粘着シートや忌避剤などの罠を仕掛けておきましょう。

2.住み家を与えない

ティッシュペーパー、衣類、雑巾、ビニール袋などはネズミが巣作りをするときの材料になります。見落とされがちですが、長期間押入れにしまわれたままの布団や衣類、ダンボールなども巣の材料になる場合があります。忌避剤グッズを利用して大切な衣類を守りましょう。

3.侵入口をふさぐ

対策をしているにもかかわらずネズミがいなくならない場合は、新たなネズミが浸入しているおそれがあります。ネズミを捕獲してもそのあとに侵入口をふさいでおかなければ、新たなネズミを呼び込むことがあるのです。

家にネズミを寄せ付けないためには、小さな穴や通路などの侵入口をふさぐことが大事です。ネズミの侵入口はラットサインの近くにあることが多いため、発見次第隙間をふさぎましょう。

●ネズミのおもな侵入口

  • 閉じていない換気扇
  • エアコンの室外機
  • 床下通風口
  • 壁の穴や隙間
  • 配管回り
  • 雨戸の戸袋

侵入口を発見したら、以下の方法でふさぎましょう。

防鼠パテ
忌避成分の入ったパテです。粘土のような質感で、壁の隙間などを埋めることができます。素手で触ると忌避剤が手に付着するため、ビニール手袋をして作業しましょう。

防鼠金網
ネズミが通れないくらいの隙間がある金網です。通風口や換気扇など、空気を通す必要のある場所の設置におすすめです。

防鼠板
ネズミがかみ切れない金属や樹脂でできた板です。侵入口の隙間に張り付ければ、侵入を防げます。

まとめ

ネズミはニオイや音で追い出すことができます。また、罠を置いて駆除することも可能です。しかしながらネズミを捕まえたあとの処分に困るという問題もあります。

「ネズミを捕まえたはいいが駆除する方法がわからない…」「できればネズミの顔も見たくもない…」なんて方は、ネズミ駆除業者に依頼するのがおすすめです。ネズミは繁殖する生き物のため、一刻も早い駆除をおすすめします。

ねずみの駆除ならねずみ110番にお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

現在、にすぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー