ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > 最新情報・レポート > 家にねずみが出たらどうする!?知っておきたい対処法

最新情報・レポート

ねずみ駆除に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。駆除や予防に関することなどご参考までにご覧ください。

家にねずみが出たらどうする!?知っておきたい対処法

家にねずみが出たらどうする!?知っておきたい対処法

 

ねずみを家で見つけてしまったときは、多くの方が不快に思われるのではないでしょうか。ねずみを放っておくとアレルギーや住宅の損耗などさまざまな弊害が起こる可能性があるので、できるだけ早く対処することが大切です。

 

ねずみを発見したときはどのように対処すれるのが適切でしょうか?そもそも、どの種類のねずみが住みついているのでしょうか?ねずみを放っておくとどのような危険があるのでしょうか?本記事では、このような疑問の答えをわかりやすくご紹介します。ねずみ駆除・対策を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

まずは家に出たねずみの種類を突き止める

家に出るねずみにはどのような特徴が見られるでしょうか?できるだけ早く効果的な方法で駆除するためには、ねずみの種類を特定し、生態や特徴に合わせた方法を用いることが重要です。駆除に取り掛かる前に、まずはご自宅や自宅回りで見るねずみを再度確認し、生態や特徴を掴みましょう。

 

ねずみの種類と特徴

日本に生息し民家を好んで住みつく「家ネズミ」は、クマネズミ・ドブネズミ・ハツカネズミの3種類です。それぞれの特徴をご紹介しますので、お住まいで見るねずみがどの種類なのかを確認しましょう。

 

●クマネズミ

20センチメートル程度の体長で、体よりも長い尻尾をもっています。白、茶、黒、グレーなど体毛は多様です。 臆病で警戒心が強いので、3種類のねずみのなかでも一番手強いと言われています。高い場所を好み、水道パイプや配線、壁をのぼることがあります。天井裏や屋根をすみかにすることも。

 

●ドブネズミ

20~30センチメートルほどになることもある、大きめのねずみです。身体のサイズに比べて耳が小さいのが特徴で、グレーや白い体毛を持っています。泳ぐことが得意です。高い場所を苦手としているため、住宅の一階や倉庫、床下などに住みつくことが多いです。

 

●ハツカネズミ

非常に小さなねずみで、体長は10センチ程度です。白、褐色、黒など体毛の色はさまざまあります。体が小さく、耳が大きければ、ハツカネズミの可能性が高いです。ハツカネズミは小さいため、わずかな隙間からも簡単に侵入します。物置小屋や家具と家具の隙間などによく住みつきます。

 

ねずみが家に出たときの対処法

ねずみが家に出たときの対処法

 

●まずは片づけ・掃除

ねずみを発見しやすく、また、ねずみが住みにくい環境を作るためには、家の掃除と片付けがとても大事です。食べ物の残りカスが床に落ちていたり、ものが散乱していたりしては、食料が豊富で隠れやすく、ねずみにとって最高の場所になってしまいます。掃除をして食べ物をなくすほか、巣の材料になる布や紙製品を整理することも効果的です。

 

●隙間を埋める

今以上にねずみを侵入させないためには、侵入経路を防ぎましょう。侵入場所を特定するには、足跡やかじった痕跡といった、ラットサインを手掛かりにします。ねずみは、1センチメートルの隙間でも侵入することがあります。どんなに小さな隙間でも侵入を許してしまうことがありますので、かじり破られることのない金網やパテでしっかりと穴を塞ぎましょう。

 

●対ねずみグッズを使う

ねずみを引き寄せ動けないようにするための粘着シートや、毒成分をねずみの食べ物に配合した毒エサなど、多種多様なグッズが販売されています。

 

●家にあるもので対処する

家にあるもので簡単に対処することもできます。たとえば、人間よりもはるかに鋭い嗅覚を利用して、ミント系のアロマやわさびが忌避剤になると言われています。しかし、プロが行う駆除方法ほどの効果にくらべると効果が弱いことも多く、完璧な駆除はむずかしいかもしれません。

 

クマネズミの駆除は特に難しい

上記でご紹介した方法でも対処できない場合があります。家に住みつくねずみの中でも、とくに駆除がむずかしいと言われているのがクマネズミです。最近聞くようになった、毒エサや殺鼠剤が効かない「スーパーラット」と呼ばれるねずみの多くがクマネズミに分類されます。

 

クマネズミは高い場所が好きなので、なかなか見つけにくいです。配線や柱、パイプをのぼって移動し、屋根裏などの高い所に住みつきます。天井や屋根裏からなにか物音が聞こえる場合は、クマネズミのしわざを疑いましょう。また、賢く、警戒心が非常に強いこともクマネズミの特徴で、ほかのねずみ同様の対処方法を試みても効果はイマイチかもしれません。毒入りの餌で罠やそのほかのトラップを仕掛けてもなかなか食いついてくれないのです。

クマネズミやスーパーラットも徹底的に排除したいのであれば、やはり業者にお願いするのが一番効果的です。専門知識と駆除の経験を兼ね備えているねずみ駆除のプロなら、ご自宅にいるねずみの種類と被害箇所などの特徴をもとに、最適な方法で駆除をしてくれます。

 

ねずみ被害でこんなことが起きます

急激に繁殖する生き物なので、家で見つけたねずみを何もせず放っておくのは危険です。さらに、ねずみはさまざまな弊害を引き起こします。

 

たとえば、ねずみが家の中に細菌を持ち込むことによって、食中毒やペストなどの病気の原因になることがあります。また、ねずみのフンがノミ・ダニを招き、アレルギーを引き起こすケースもあります。

 

ほかの面では、火災の危険性も心配されます。ねずみは歯を短く整えるためにものをかじります。配線をかじられてしまうと、電気が通っている部分を覆う絶縁体が破られ、電気から火災が発生してしまうことがあります。

 

ねずみを駆除するときに気を付けたいこと

ねずみを駆除するときに気を付けたいこと

 

さまざまな危険をもたらすねずみにはできるだけ早い対処が求められますが、駆除の際には、気を付けるべきポイントがあります。

 

まず、できるだけ早く駆除すること。ねずみは繁殖力が非常に高いので、一匹しかいなかったはずのねずみがいつのまにか大群になっていた、なんてことが起こるかもしれません。これは、放っておくほど駆除費用がどんどん高っていくということでもあります。面倒に思って放置してしまう方もいるかもしれませんが、被害と施工費用を最小限に抑えるためには、早めの対処が何よりも大切です。

 

駆除を自分でするときには、粘着シートや毒エサなどを使うこともあるでしょう。このときに注意しなければならないのが、死骸の取り扱いです。ねずみの死骸には病原菌がたくさんいるので、処分する際には必ず手袋とマスクをして、体を菌から守りましょう。自分で処理するのが不安な方は、業者に処理を依頼するのも一つの方法です。

 

まとめ

本記事では、ねずみを家で見つけたときの対処方法についてご紹介しました。ねずみに対処するときは、まずは家にいるねずみの種類を特定します。そのあと部屋や家周りの掃除・片づけをし、隙間を埋めたり忌避剤や駆除グッズを使ったりすることで被害の悪化を防ぎます。

 

対処を怠ると、病気や火災などの被害が拡大する恐れがありますので、できるだけ早く駆除に取り掛かりましょう。ご自分で駆除をするときには、ねずみの死骸から菌をもらうことのないように十分に配慮する必要があります。注意点をしっかりと踏まえて、安全に素早くねずみ駆除・対策をおこないましょう。

 

0120-932-621