ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > ねずみのフンの判別方法|正しい消毒と掃除手順・ 駆除対策方法も解説

ねずみのフンの判別方法|正しい消毒と掃除手順・ 駆除対策方法も解説

ねずみのフンの判別方法|正しい消毒と掃除手順・ 駆除対策方法も解説

ねずみのフンの大きさは約4~20ミリメートルで、こげ茶や黒っぽい色をしていることが多いです。
しかし、ねずみのフンとよく似たフンをする生き物もいるので注意しなければなりません。

例えばコウモリがいます。
コウモリのフンは色や大きさがねずみのフンとよく似ているので、ぱっと見ただけでは見分けることが難しいのです。

当記事では、ねずみと他の生き物のフンを見分ける方法をご紹介します。
ただし、どの生き物であってもフンにはたくさんの病原菌が含まれているため、見つけても絶対に素手で触らないようにしましょう。
掃除や消毒の方法も解説しますので、あわせて参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • ねずみのフンかどうかを見分けるポイント
  • フンから感染する病気と症状
  • 正しいフンの掃除・消毒手順

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

ねずみのフンの特徴

家に発生するねずみはおもに、クマネズミ・ドブネズミ・ハツカネズミの3種類です。
ねずみのフンは種類によってサイズや色が異なるため、フンを見れば発生している種類を特定できます

ねずみの種類は、のちのち駆除方法を考えるときに重要な情報になります。
まずは下記の表を参考にねずみの種類を判別してみてください。

フンの大きさ 特徴
クマネズミ
ねずみのフンの特徴 クマネズミ
6~10mm程度
  • 茶色や灰色
  • 広範囲に散らばって落ちている
  • 細長い
ドブネズミ
ねずみのふんの特徴 ドブネズミ
10~20mm程度
  • こげ茶色や灰色
  • まとまって落ちている
  • 丸い
ハツカネズミ
ねずみのふんの特徴 ハツカネズミ
4~7mm程度
  • 茶色
  • 細長く小さい

フンの色やサイズが表のいずれにも当てはまらない場合は、ねずみのフンに似たフンをする別の生き物かもしれません。
詳しくは<ねずみのフンに似たフンをする生き物5種類>をご覧ください。

フンをする場所は種類ごとに異なる

ねずみは種類によって活動場所が異なるため、フンをする場所も種類によって異なります。
サイズや色で見分けるのが難しい場合は、フンがある場所から種類を特定してみましょう。

ドブネズミ

ドブネズミは水回りや湿気の多い場所を好みます。
台所やゴミ捨て場、排水管の周りなどにフンがある場合は、ドブネズミの可能性があります。

クマネズミ

クマネズミは高いところに登るのが得意で、配管や電線を伝って天井裏などに侵入します。
家の柱の周りや換気扇周り、家の外の配管周りなどにフンがある場合は、クマネズミの可能性があります。
さらに、クマネズミは移動しながらフンをするので、フンが散らばって落ちている特徴があります。

ハツカネズミ

ハツカネズミは、自然が多い場所にある住宅や、倉庫や物置などによく発生します。
また、警戒心が高くないため、人目に付きやすい場所でもフンをする特徴があります。
物置や倉庫内の荷物の上や、シャッターと床の隙間などに米粒ほどの小さなフンがあったら、ハツカネズミの可能性があります。

ねずみのフンに似たフンをする生き物5種類

ねずみのフンに似たフンをする生き物を5種類ご紹介します。
それぞれのフンの特徴や大きさ、色などと見比べて、ねずみのフンかどうか判断してみてください。

フンの大きさ 特徴
アブラコウモリ
ねずみと間違えやすいふん アブラコウモリ
5~10mm
  • 黒っぽい色をしている
  • ねずみのフンに比べてパサパサしていて、触ると崩れる
イタチ
イタチ フン
個体差がある
  • 水分が多い
  • 臭いが強い
ハクビシン
ハクビシン フン
5~15cm
  • 丸くて細長い
  • 果物の種が混ざっていることがある
チャバネゴキブリ
チャバネゴキブリ フン
1mm
  • 茶色やこげ茶色
  • 独特な臭いを放つこともある
クロゴキブリ
クロゴキブリ フン
2~2.5mm
  • 黒色や茶色
  • 臭いはほとんどない

コウモリとねずみのフンは特に似ている

ご紹介した5種類のなかで、特にアブラコウモリのフンはねずみのフンとよく似ています。
ねずみのフンとコウモリのフンは一目見ただけでは判断しにくいため、以下の2つのポイントを参考にしてください。

・コウモリのフンはとてももろい
ねずみは雑食で肉や種子も食べますが、コウモリは昆虫を主食にしています。
そのため、コウモリのフンはパサパサしていて、もろく崩れやすくなっています。
つまようじなどでつついてみて、簡単に崩れるようなら、コウモリのフンの可能性があります。

・コウモリのフンは1か所に大量に落ちている
コウモリは食べたものの消化がとても早く、毎日大量にフンをします。
加えてコウモリは数十匹の集団で住み着くため、1か所に大量のフンが落ちています。

何のフンかわからないときは、ご紹介した特徴を参考に判断してみてください。
自分での判断に迷ったときは、弊社までお気軽に無料現地調査をご相談くださいね。

フンの放置で引き起こされる感染症に注意

ねずみのフンには多くの病原菌が含まれています。
特に長期間放置されて乾燥したフンに含まれている病原菌は、人が動いたりすることで空気中に舞いやすくなるため、フンを放置するのはとても危険です。

ねずみに直接触れていなくても、フンに含まれる病原菌を吸い込んだり、人の手や口などを介して体内に侵入したりすることで、感染症にかかるおそれがあります。
下記に代表的な感染症をまとめたのでぜひご覧ください。

病気 おもな症状
サルモネラ症
  • 発熱
  • 嘔吐や下痢
  • 全身のだるさなど
レプトスピラ症 軽症の場合:せきや鼻づまり、頭痛といった風邪のような症状
重症の場合:出血、肝臓などの機能障害など
腎症候性出血熱
  • 発熱
  • 頭痛
  • 腎不全など

また、ふんを放置しておくと、アレルギーの病気にかかるおそれもあります。

ネズミのふんによるアレルギーの病気は以下のようなものがあります。

病気 おもな症状
アレルギー性鼻炎 ・くしゃみ
・鼻水、鼻づまりなど
結膜炎 ・目が充血する
・目がかゆくなる
・涙が出るなど
気管支ぜんそく ・咳が出る
・呼吸困難になるなど

とくに、気管支ぜんそくが起こって呼吸困難になると、最悪の場合死に至ることもあります。

ご自身の身を守るためにも、ねずみのふんを見つけたらできるだけ早く掃除をおこないましょう。

\ 納得の料金でネズミを迅速に駆除! /

無料見積り実施中!
ネズミの駆除ならねずみ110番へお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

>>ねずみ110番の詳細はこちら

自分でねずみのフンを掃除・消毒しよう

自分でねずみのフンを掃除・消毒する際は、十分な感染症対策をおこなったうえで作業しましょう。
掃除の際に気を付けたいことや、掃除の手順を解説します。

フン掃除の前に気を付けたいこと

ねずみのフンから感染症にかかるリスクを減らすには、以下の3つのことが重要です。

ふん掃除の前に気を付けたいこと

【1】手袋を着ける
先ほども触れましたが、ねずみのフンには多くの病原菌が含まれているため、絶対に素手で触らないようにしましょう
必ずビニール手袋もしくはゴム手袋を着用して作業してください。

【2】マスクを着ける
フンに含まれる病原菌を吸い込んでしまうリスクを減らすために、必ずマスクを着用して作業しましょう

【3】掃除機を使わない
掃除機で吸い込むのは、フンに含まれる病原菌を空気中に飛び散らせてしまうためNGです。
少々手間はかかりますが、必ず雑巾やキッチンペーパーを使って拭き取るようにしてください。

フン掃除・消毒の手順

それでは、正しいフン掃除・消毒の手順をイラスト付きで解説していきます。

【手順1】

【手順1】ふんを取り除く
手袋とマスクを着用したら、使い古しの雑巾もしくは複数枚重ねたキッチンペーパーでフンを拭き取ります。
拭き取りに使った雑巾やキッチンペーパーはゴミ袋に入れてしっかりと口を縛り、捨てましょう。

【手順2】

【手順2】周囲のゴミやほこりをふき取る
フンを処理したら、フンがあった場所の周りを濡らした雑巾で拭きましょう。
ホコリなどにも病原菌が付着しているおそれがあるためです。

【手順3】

【手順3】アルコールやエタノールで消毒
雑巾で拭き掃除をしたあとは、拭いた場所に消毒用アルコールや薄めた漂白剤をかけて消毒もおこないましょう。

【手順4】

【手順4】
最後に、掃除で使用した手袋とマスクを外してゴミ袋に入れ、しっかりと口を縛って捨てましょう。

手袋は、片方の袖口を掴んで表裏が逆になるように外し、そのままゴミ袋に入れると表面に触れず衛生的です。
【参照:ダンロップホームプロダクツ:手袋の付け方外し方

マスクを外すときも同様に、表面に触れないように注意して捨てましょう。

ねずみのフンに触れてしまったらしっかり手洗い!

万が一ねずみのフンに触れてしまったら、他のものに触らないように注意して、速やかに石けんで手を洗いましょう。
感染症は病原菌のついた手で目や口などの粘膜を触ることで感染するため、きちんと手を洗って清潔にしておけば感染のリスクは大きく減らせます。
それでも不安な場合は手洗い後に除菌シートなどで手を拭いておきましょう。

フンがあったら家にねずみが住み着いている可能性が高い

ねずみのフンを掃除しても、まだ安心ではありません。
フンがある場合は、家のどこかにねずみが住み着いている可能性が高いからです。
繁殖が進んで大量発生してしまう前に、適切に駆除する必要があります。

ねずみを探す手がかり!ラットサインを探そう

ねずみは、巣とエサ場を行き来するときに決まったルートを通ります。
ルート上には「ラットサイン」とよばれるフン尿や足跡、黒く擦れた汚れやかじった痕などの痕跡が残っています。

【ラットサインがつきやすい場所】
  • 壁や柱の隅や割れ目
  • 換気扇周り
  • 基礎の隙間
  • 配管周り
  • 電気ケーブルの周り
  • 家具の周り
【ラットサインの特徴】
  • 壁、柱に黒く擦れた汚れがある
  • 夜、屋根裏を走る足音がする
  • 家具や食べ物がかじられている
  • フンが落ちている

ラットサインを見つけることができれば、ねずみの移動ルートを特定しやすくなります。
ラットサインの特徴と探し方>もぜひ読んでみてください。

ただし、ラットサインはとても小さくわかりにくいため、見つけても判断に迷うことがあるかもしれません。
もしラットサインらしき痕跡を見つけたら、いちどプロに見てもらい、判断を仰ぐことをおすすめします。

ねずみの尿は移動ルート特定に役立つ

ねずみは移動しながら尿をする習性があるので、尿をたどれば移動ルートを特定できます。

ねずみの尿は強烈な刺激臭を放ち、乾いても基本的に臭いは消えません。
そのため、フンに比べると簡単に発見できます。
先ほどご紹介したラットサインがつきやすい場所を中心に探してみてください。

しかし、移動しながら排せつする習性により、複数の場所に尿が残ることがあります。
家のあちこちにある尿を目視だけで探すのは限界がありますよね。
そんなときはブラックライトを使いましょう。

ねずみの尿には蛍光物質が含まれているので、ブラックライトで照らすと光ります。
尿の痕跡を目視で探しきれないときは、臭いがする場所を中心にブラックライトで照らしてみましょう。
ブラックライトを使って尿の跡をたどっていけば、ねずみが隠れている場所や、ねずみの出入り口を発見できることもあります。

◎注意点
ねずみの尿には多くの病原菌が含まれているため、尿の跡を見つけても直接触れないように気を付けましょう。
そして、<ねずみの尿の危険性と掃除方法>でご紹介している手順で速やかに掃除・消毒をしてください。
業者への依頼を考えている方は、尿があった場所を写真に収めるか、メモに残して相談するときに見せると、より詳細に状況を伝えることができますよ。

ねずみを放置するとどんどん被害が大きくなる

ねずみは1匹いるだけでも、フンや尿の臭い、騒音などさまざまな被害をもたらします。
当然ねずみが2匹3匹と増えていけば、被害はますます深刻になっていきます。
ねずみはまさに「ねずみ算」の言葉のとおり、次々に子どもを産んで繁殖していくため、気付かないうちに手に負えないほど大量発生してしまいます。

ねずみがもたらす被害を大きく分けると、健康被害・感覚被害・経済被害の3つがあります。
3つの被害を具体的に見ていきましょう。

ねずみのふんがあったらねずみも住み着いている

◆健康被害

ねずみの体にはノミやダニなどがたくさん付着しているため、ねずみの侵入とともにノミやダニも家屋に侵入し、人やペットを刺すことがあります
ノミやダニに刺されると猛烈なかゆみや腫れなどの症状が出ることが多いです。
しかし、体質によってはアナフィラキシーショックとよばれる激しいアレルギー症状が起こることもあるため、油断できません。

他にも「フンの放置で引き起こされる感染症に注意」でご紹介した感染症や、ねずみにかまれることで発症する【鼠咬症(そこうしょう)】のリスクもあります。
ご自身の健康を守るためにも、早くねずみを駆除しましょう。

◆感覚被害

ねずみは夜行性なので、人が寝静まった真夜中に活動します。
夜中にバタバタと天井を走り回る音が聞こえたり、ガサガサと何かを漁る音が聞こえたりして、睡眠が妨害されるようになってしまいます。

睡眠不足の状態が長く続いて精神的に参ってしまい、結果的に健康被害が発生することもあるため、1日でも早くねずみを駆除することが大切です。

◆経済被害

ねずみの歯は一生伸び続けるため、何かをかじって調節しなければなりません。
そこで狙われやすいのが家の中の電気コードです。
実際に、ねずみが電気コードをかじってショートが起き、その火花が引火して火災が起きた事例もあります。

NITE(製品評価技術基盤機構)が収集した情報によると、平成24年度から平成28年度の5年間に発生した製品事故78件のうち、小動物や害虫が原因の事故は52件。
そのうちねずみが原因となった事故は14件で、記載されている小動物や害虫のなかではいちばん多いことがわかります。

ねずみが原因で起きた火事は、住宅の火災保険では基本的に補償されません。
火災保険は自然災害によって発生した損失を補償するための保険だからです。
そのため、万が一発生してしまったら経済的な損失は計り知れません。
「あのとききちんと駆除していれば……」と後悔しないためにも、早めにねずみの駆除をおこないましょう。

\ 納得の料金でネズミを迅速に駆除! /

無料見積り実施中!
ネズミの駆除ならねずみ110番へお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【DIY】ねずみの駆除・対策方法

できるだけお金をかけずにねずみを駆除したい方は、市販のねずみ駆除アイテムを使って駆除することもできます。
ここでは、自分でねずみを駆除する場合に確認しておきたいことや注意点、おすすめのねずみ駆除アイテムを解説するので、ぜひご覧ください。

駆除の前に確認!自力駆除が難しいケース

自力駆除の前に、まずはねずみの発生状況や被害状況を確認しましょう。
本当に自力駆除が可能かどうか確かめてから作業しないと、思わぬケガや事故につながるおそれがあるからです。
自力駆除が難しいケースは、例えば以下のようなケースが考えられます。

複数のねずみの気配がある場合

天井から複数の足音がするなど、家の中で複数のねずみの気配を感じる場合は、自力駆除をおすすめしません。
すでに大量発生しており、ひとりでは手に負えない状態になっているかもしれないからです。
もし本当に大量発生していた場合は、すべてのネズミを見つけ出して駆除しなければなりません。
自分ひとりではとても大変な作業になるため、業者に依頼することをおすすめします。

構造上の問題で屋根裏に入れない場合

家の構造によっては「屋根裏から足音が聞こえるけれど、屋根裏に入るための入り口がない」場合もあるかもしれません。
このような場合は、屋根裏に続く部屋の天井に点検口を作る必要があります。
点検口はDIYで作ることもできますが、失敗してしまうと住宅の性能を落としてしまうこともあるので、できれば駆除とあわせて業者に依頼しましょう。

ねずみの駆除はアイテムを使っておこなおう

市販のねずみ駆除アイテムは、大きく分けると「毒エサ」「捕獲アイテム」「追い出しアイテム」の3つがあります。
それぞれの特徴を表にまとめたのでぜひご覧ください。

特徴
毒エサ
  • ネズミに毒エサを食べさせることで駆除する
  • ネズミを巣ごと駆除できる
  • その場でネズミが死ぬわけではないので、死骸を探す必要がある
罠や粘着シートなどの
捕獲グッズ
  • ネズミを捕獲することで駆除する
  • 設置方法が置くだけと簡単
  • 死骸の処理が必要となる
忌避剤や超音波などの
追い出すグッズ
  • ネズミを屋内から追い出すことで駆除する
  • 死骸を処理せずに済む
  • 効果が切れたときにネズミが戻ってくるおそれがある

ねずみ駆除グッズの効果と評価>では上記アイテムの使い方やメリットデメリット、おすすめ商品などを詳しく解説しているので、あわせて読んでみてください。

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

ねずみ駆除を依頼するならこんな業者がおすすめ!

「自分で駆除するのはやっぱり自信がない」「複数のねずみがいるようだから自分では難しいかも」と感じた方は、無理せずねずみ駆除業者に駆除を依頼しましょう。
まずは複数の業者に現地調査を依頼し、見積りを出してもらうのが良いです。
実際に駆除を依頼する業者は、以下のポイントに注目して選んでみましょう。

見積り料金が明確でわかりやすいか

ねずみ駆除の費用相場と見積り料金を比べてみて、相場の範囲内か、追加料金はかからないか、何にいくらかかるのかなどを確認しましょう。
ここできちんと確認しておかないと、「追加費用が発生して、見積り金額以上の料金がかかった」などのトラブルにつながりかねません。
自分が損しないためにも、きちんと見積り内容を確認しておきましょう。

実績はどれくらいあるか

実績豊富な業者は、さまざまな駆除ケースを経験し、高い対応力と技術力を身に付けています。
さらに、実績の多さはたくさんの人に選ばれて支持されている証でもあります。
多くの業者はホームページで施工事例を公開しているので、依頼前にいちど見てみると良いですね。

保証内容は充実しているか

適切に駆除してもらってもねずみ被害が再発してしまうことがあります。
そのようなときに、保証内容が充実している業者を選んでいれば、すぐに対応してもらうことが可能です。

保証内容としては、再発時の無料または格安駆除や、被害箇所の修復にかかる費用の補償などがあります。
業者によって保証内容は異なるので、依頼する前にきちんと確認しておくと安心ですね。

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

まとめ

ねずみを効果的に駆除するためには、まず種類を特定し、種類ごとの生態に合った駆除方法を試す必要があります。
そこで役立つのがねずみのフンです。

ねずみのフンは種類によってサイズや色が異なります。
フンを見ればどの種類が発生しているのかを特定できるのです。
しかし、ねずみのフンに似たフンをする別の生き物もいるので、当記事でご紹介した特徴を参考にしながら判断してみてください。

自分での判断に迷ったときはお気軽に弊社までご相談ください。
弊社はねずみ駆除業者をご紹介するサービスをおこなっております。
ご紹介する業者は駆除後のアフターフォローもしっかりと完備した優良業者なので、安心してご依頼ください。
ご相談のお電話は無料なので「まずは相談だけ」という方もお気軽にご連絡くださいませ。

ねずみの駆除ならねずみ110番にお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

現在、にすぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー