ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > ねずみの糞を消毒する手順や注意点|消毒後のねずみ駆除も欠かさずに

ねずみの糞を消毒する手順や注意点|消毒後のねずみ駆除も欠かさずに

https://resizer6.myct.jp/index.php

ネズミのふんを見つけたら、掃除の際に消毒もおこないましょう。また、ネズミのふん掃除が完了したら、ネズミの駆除をおこなわなければなりません。

ネズミのふんにはさまざま菌がいるため、掃除する際に消毒をしないと健康被害に遭ってしまうリスクがあるからです。また、ふんを発見したということは、家の中にネズミが潜んでおり、さまざまな害をもたらすおそれもあるのです。

この記事では、ネズミのふんの特徴とあわせて、掃除手順やネズミの駆除方法についてご紹介します。この記事を読んで、ネズミのふんを適切に処理しましょう。

ネズミのふんの特徴

まずは、ネズミのふんの特徴についてご紹介します。「ネズミのふんのようなものを見つけたけど、本当にネズミのものかわからない……」という方は、ここでご紹介する内容を参考にしてふんがネズミのものなのか確認してみてください。

ただ、ネズミのふんといっても、ネズミの種類ごとにふんの特徴が異なります。そのため、ふんの特徴をネズミの種類ごとにみていきましょう。

大きさ 特徴
クマネズミ 6~10mm程度 ・茶色や灰色
・広範囲に散らばって落ちている
・細長い
ドブネズミ 10~20mm程度 ・こげ茶色や灰色
・まとまって落ちている
・丸い
ハツカネズミ 4~7mm程度 ・茶色
・細長く小さい

 

害獣やゴキブリなどの害虫のふんであることも

家屋にふんのようなものが落ちていた場合、ネズミ以外の害獣・害虫のものである場合もあります。そこで、ここではネズミと間違えやすい害獣・害虫のふんの特徴についてご紹介します。「ネズミのふんではなさそうだけど、何のふんか気になる」という方は、チェックしてみてください。

大きさ 特徴
アブラコウモリ 5~10cm ・黒っぽい色をしている
・ネズミのふんに比べてパサパサしていて、触ると崩れる
イタチ 個体差がある ・水分が多い
・臭いが強い
ハクビシン 5~15cm ・丸くて細長い
・果物の種が混ざっていることがある
チャバネゴキブリ 1mm ・茶色やこげ茶色
・独特な臭いを放つこともある
クロゴキブリ 2~2.5mm ・黒色や茶色
・臭いはほとんどない

重要!ネズミのふん掃除で気をつけること

ネズミのふん掃除を深く考えずにおこなってしまうと人体に被害を与えてしまうおそれがあるため、正しくおこなうことが大切です。そこで、ふん掃除で大切な3つのポイントを紹介していきます。

手袋で消毒する

ネズミはさまざまな場所を渡り歩き生活しているため、いろいろな病原菌を保持しています。その菌はネズミの体内に存在しているだけでなく、ふんと一緒に排出されてしまうのです。そのため、ふんを素手で触ることによってその病原菌が人間にも移り、病気にかかってしまうおそれがあります。このような被害を防ぐためにも、手袋を使って消毒をしましょう。

なお、ネズミの病原菌が引き起こす病気については、本記事の「ふんの放置で引き起こされる病気・アレルギー」で詳しくご紹介します。

マスクをつける

ふんに含まれている病原菌はふんの中にとどまるだけでなく、空気中に舞ってしまうことがあります。また、病原菌の粒子がホコリに移ることもあるようです。

すると、呼吸をしているだけで、知らず知らずのうちにホコリに付着したネズミの病原菌の粒子まで一緒に吸いこんでしまい、病原菌によって病気にかかってしまうおそれがあるのです。

体内へのネズミの病原菌の侵入を防ぐためにも、鼻や口を防ぐことはとても大切です。ふんの処理をするときは、手袋だけでなく、鼻と口からの侵入を防ぐためにもマスクの着用を徹底しましょう。

掃除機を使うのはNG

多くの人がやってしまいがちな誤った処理の方法が、“掃除機で吸い取る”です。一見、「楽に処理できるし、きれいになるし、菌ごと吸いこめそうだしどうしてだめなの?」と感じるかもしれません。

しかし、掃除機はごみを吸い取ると、排気口から一緒に吸いこんだ風が出ています。もし、病原菌が含まれたネズミのふんを吸いこんでしまうと、その菌が排気口から放出されてしまうことになるのです。

そうなってしまうと、空気中に病原菌が飛び散り、最初の状態よりも状況が悪化する事態になりかねません。きれいに簡単に処理できそうに見えますが、その裏にはこんな影響があるので、掃除機で吸い取ることはやめておきましょう。

ネズミのふんを掃除する手順

落ちているものを処分しただけでは、完璧に掃除をしたことにはなりません。ネズミのふんにはさまざまな病原菌が含まれているので、ふん掃除の際は消毒をすることも大切なのです。ここでは、正しい掃除方法を紹介していきます。

【手順1】ふんを取り除く

まずは、ふんを取り除きましょう。その際、先ほど紹介したようにマスクと手袋を装着してください。そして、捨ててもよいような布やキッチンペーパー、ティッシュなどを厚く重ねたものなどで触れないように気をつけながらふんを取り除いてください。

【手順2】周囲のゴミやほこりをふき取る

次に、ふんが落ちていた周辺のごみやほこりを、捨ててしまってもよい布を濡らしてきれいにふき取りましょう。そうすることで、消毒用アルコールなどを吹きかけたときにほこりやごみが空中に舞うことを防げます。

また、このときにもまだ手袋やマスクの着用を続けておきましょう。そして、使った手袋やマスクはふんと一緒に捨ててください。

【手順3】アルコールやエタノールで消毒

最後に、消毒作業をおこないます。こちらの作業には消毒用アルコールやエタノールを使用することをおすすめします。もし、どちらも家にないという場合には、消毒成分の入っている除菌用シートや、お風呂用の除菌スプレーなどで代用も可能です。除菌力の高いものを使用するようにしましょう。

そして、いらなくなった布やキッチンペーパーなど、使ったら捨ててもよいようなものを使い、アルコールやエタノール、除菌スプレーで濡らして消毒に使用しましょう。ここまでおこなってネズミのふん掃除は完了です。

ふんの放置で引き起こされる病気・アレルギー

先述のとおり、ネズミのふんにはさまざまな病原菌が含まれています。そのため、ふんを放置すると、病原菌による病気にかかってしまうリスクがあるのです。ネズミの病原菌によって引き起こされる病気の中でも、代表的なものを3つご紹介します。

病気 おもな症状
サルモネラ症 ・発熱
・嘔吐や下痢
・全身のだるさなど
レプトスピラ症 軽症の場合:せきや鼻づまり、頭痛といった風邪のような症状
重症の場合:出血、肝臓などの機能障害など
腎症候性出血熱 ・発熱
・頭痛
・腎不全など

 

また、ふんを放置しておくと、アレルギーの病気にかかるおそれもあります。ネズミのふんによるアレルギーの病気を、以下にまとめました。

病気 おもな症状
アレルギー性鼻炎 ・くしゃみ
・鼻水、鼻づまりなど
結膜炎 ・目が充血する
・目がかゆくなる
・涙が出るなど
気管支ぜんそく ・咳が出る
・呼吸困難になるなど

 

とくに、気管支ぜんそくが起こって呼吸困難になると、最悪の場合死に至ることもあります。ご自身の身を守るためにも、ネズミのふんを見つけたらできるだけ早く掃除をおこないましょう

ふんがあったらネズミの駆除も必須!

ネズミのふんを発見した場合には、ふんの処理だけでなく、ネズミの駆除もおこなわなければなりません。ネズミのふんを見つけたということは、家の中にネズミが潜んでいるおそれが大いにあります。もしネズミが潜んでいると、さまざまな被害をもたらす危険があるのです。

ネズミの被害はおそろしい

ネズミが人間に与える被害は、ふんがもたらすものだけではありません。ネズミがもたらす被害は大きく分けて3つあるので、順番に解説していきます。

ノミやダニによる被害
また、ネズミを放置しておくと、ネズミの体に付着しているダニやノミによる被害も発生することがあります。そのダニやノミが人間に付着してしまうという流れで人間に健康被害をもたらしてしまうのです。

ダニやノミによる被害には、以下のようなものがあります。

・かゆみが続く
・刺された部分が赤くはれる
・水膨れができる など

さらに、ノミに噛まれるとペスト菌が原因で引き起こされるペストにかかる危険性があります。すると、発熱や嘔吐、下痢などの症状がみられ、最悪の場合死に至ることもあるのです。

ネズミに噛まれる被害
ネズミを放置しておくと、ネズミに噛まれて鼠咬症(そこうしょう)という感染症にかかってしまう危険もあります。その結果、アナフィラキシーショックと呼ばれるアレルギー症状を引き起こすおそれがあります。アナフィラキシーショックに陥ると、呼吸困難や意識障害などの症状がみられ、命に関わる危険もあるのです。

感覚被害
ネズミは天井裏などを走ります。これを深夜にやられてしまうと騒音で睡眠を妨害されてしまうのです。また、そもそもネズミが視界に入ると不快になりますよね。そして、どこから現れるかわからず、不安にもなります。このように心に対しても大きな被害を与えるのです。

経済被害
ネズミはあらゆるものをかじります。電気コードを噛まれたらそこがショートしてしまうかもしれません。ネズミにかじられた食品は病原菌が移っているおそれがあるため、廃棄しなければなりません。このように、経済的な面でもネズミの被害は続出しています。

ネズミ駆除はプロに任せるのが確実で安心

ネズミが家にいることで、膨大な被害が出てしまいます。そのため、駆除をする必要があるのですが、ネズミ駆除を自分でおこなうことは困難です。ネズミ駆除を自力でおこなうと、病原菌が移ってしまうなど、先ほどご紹介したような健康被害を受けるリスクをともなうのです。

また、家にもたらされるネズミ被害の9割が、”クマネズミ”によるものだといわれています。クマネズミは、ネズミの中でも警戒心が強く、とくに駆除が難しいといわれている種類です。そのため、自分で駆除をおこなった場合「時間と労力をかけたけど、ネズミを駆除することができなかった……」という事態になってしまうおそれもあるでしょう。

さらに、ネズミ駆除方法によっては、死骸を処理する必要もあります。死骸を触ることが怖いという場合はすごくハードルが高いことですよね。

このように、自分で駆除するということには、危険で病気にかかるリスク、時間や手間をかけても駆除できないリスク、死骸と向き合わなければいけないリスクもついてまわるのです。

こうした理由から、ネズミ駆除は業者に依頼するのが確実で安心だといえるでしょう。ネズミ駆除の業者の選び方について、詳しくは本記事の「ネズミ駆除はこんな業者がおすすめ!」でご紹介するので、業者選びに失敗しないためにも、ぜひチェックしてみてください。

また、弊社では、ネズミ駆除をおこなう業者をご紹介することが可能です。弊社では、見積りを無料でおこなう業者もご紹介することが可能です。そのため、「まずは費用を知ってから依頼するか決めたい……」という方でも、お気軽にご相談ください。

ネズミ駆除ならねずみ110番にお任せください!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ネズミ駆除の方法

ここからは、ネズミの駆除方法についてご紹介します。「ネズミを自分で駆除したい」と思っている方は、以下の内容を参考に正しく駆除をおこないましょう。

駆除の前に確認!自分で駆除できないケース

【ネズミ対策】効果的に駆除する殺鼠剤の設置方法や予防法をご紹介

自分で駆除したいと思っても、以下のようなケースは自力での駆除は避けたほうがよいでしょう。

複数のネズミの気配がある
多数の足音がするなど家の中にいるネズミが1匹どころではなさそうな場合には、すでに繁殖してしまっているおそれがあります。このようなときには、すべてのネズミを見つけ出して駆除する必要がありますが、自力では難しいです。

屋根裏に登れない構造
これは、ネズミが屋根裏に住みついていて、そのうえ屋根裏には人間が登れない場合を指します。この場合は、新しく屋根裏に点検口などを作成する必要があります。これは、慣れていないとできないため、自力での駆除はやめたほうがよいでしょう。

ネズミの駆除はアイテムを使っておこなおう!

ネズミ駆除には、罠や粘着シート、毒餌などのアイテムを使うのが効果的です。そこで、ネズミ駆除に使うアイテムの特徴についてご紹介します。以下の表を参考にしながら、自分に合ったものを選んでみてください。

特徴
毒エサ ・ネズミに毒エサを食べさせることで駆除する
・ネズミを巣ごと駆除できる
・その場でネズミが死ぬわけではないので、死骸を探す必要がある
罠や粘着シートなどの
捕獲グッズ
・ネズミを捕獲することで駆除する
・設置方法が置くだけと簡単
・死骸の処理が必要となる
忌避剤や超音波などの
追い出すグッズ
・ネズミを屋内から追い出すことで駆除する
・死骸を処理せずに済む
・効果が切れたときにネズミが戻ってくるおそれがある

ネズミを効率的に駆除する2つのポイント

難易度の高い自分でのネズミ駆除ですが、もし実行するならばどのようなことに気をつければよいのでしょうか。大切なポイントを2つ紹介します。

ネズミの種類を特定

ねずみは春と秋に大繁殖する!習性を知って正しい対策をとろう

ネズミ駆除アイテムの効果を発揮するためには、”営巣場所”や、ネズミの通り道となる”巣の周辺”にアイテムを置くことが大切です。営巣場所はネズミの種類によって異なるため、アイテムを置く場所を決めるために、ネズミの種類を特定することは重要だといえるでしょう。

なお、ネズミの種類は、ふんの特徴から見分けるとよいでしょう。また、ネズミの種類ごとの巣を作る場所を、以下にまとめましたので、駆除グッズを使用する際にお役立てください。

クマネズミが巣を作る場所
・屋根裏や天井裏などの高い場所
・押入れの奥
・壁の中など

ドブネズミが巣を作る場所
・水回り
・冷蔵庫の裏や戸棚

ハツカネズミが巣を作る場所
・家具の隙間

 

侵入口の特定

家にいるネズミを退治した後は、ネズミの被害が再発しないように侵入口をふさぐ必要があります。そのため、まずは侵入口を特定しましょう。

侵入口の特定には、ラットサインを確認するのが有効です。ラットサインとは、ネズミが残す痕跡のことをいい、以下のようなものが当てはまります。

・ネズミの体がこすれでできた汚れ(黒い油汚れのようなもの)
・小さなふんや尿

ラットサインを見つけたら、その周辺に侵入口となるような隙間がないか確認してみてください。もし隙間があれば、金網やパテなどで侵入口をふさいでおきましょう。

ちなみに、ネズミ被害を再発させないためには、侵入口の封鎖とあわせてネズミを寄せ付けない環境にすることも大切です。具体的には、食材は密閉できる容器に入れて保存する、ダンボールを放置しない、生ごみは放置せず、ふたつきのゴミ箱に入れておくなどの対策をおこなうとよいでしょう。

また、ここまで記事を読んで、「自分で駆除しようと思ったけど、やっぱり難しそう」と思った方は、業者に依頼するとよいでしょう。業者によっては、駆除とあわせて再発防止もおこなってもらうことができます。

弊社では、ネズミ駆除をおこなう業者をご紹介します。弊社は24時間年中無休でお電話を受け付けているため、ご都合のよい時間帯にいつでもご相談していただくことが可能です。ご自宅に発生したネズミにお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

ネズミ駆除ならねずみ110番にお任せください!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ネズミ駆除はこんな業者がおすすめ!

自分での駆除に自信がないし業者に頼もうと思った場合には、どのように業者を選択すればよいのでしょうか。ここでは、業者選びを失敗しないために大切な4つのポイントを紹介していきます。

ネズミ駆除専門の業者

ネズミの駆除を専門でおこなっている業者は、さまざまな駆除の経験によってあらゆるケースに対応する力を持っています。知識やスピードも優れており、安心して任せることができるでしょう。

適切な料金設定

提示された料金があまりにも安い場合には注意をしましょう。コストを抑えた駆除をおこなっており、満足な対応をしてもらえないこともあります。

「安いので依頼したけど、思うようなサービスを受けられなかった」と後悔しないためには、複数業者から見積りを取るのがよいでしょう。

複数業者の費用を比較すれば、ご自宅のネズミ駆除にかかる費用がいくらくらいかを知ることができます。その結果、費用が安すぎたり高すぎたりする業者を避けることができるのです。ほかにも、比較サイトなどでお住まいの地域の相場を調べてみるのもおすすめです。

実績が多い

実績が多いということは多くの人から選ばれ、信頼されているという証になりますよね。この点も選ぶポイントとしてみることでよい業者を選ぶヒントとなります。

保証内容が充実している

適切に駆除をしてもらってもネズミ被害が再発するおそれもあります。そのようなときに、保証内容が充実している業者を選んでいれば、対応してもらうことが可能です。依頼後も親切な対応を心がけている業者を選びましょう。

弊社では、保証を設けている業者をご紹介することが可能です。業者選びにお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

ネズミ駆除ならねずみ110番にお任せください!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

まとめ

ネズミのふんが落ちている場合の適切な処理方法や気をつける点について理解していただけたでしょうか。ふんを処理すれば終わりというわけではなく、その後しっかりとネズミ駆除まですることが大切です。

しかし、ネズミの駆除に自信がないという場合や怖いという場合には、プロに任せてみてはいかがでしょうか。安心できる業者を選んで対応してもらうことで家の中のネズミをしっかりと駆除することができます。ぜひご検討ください。

【ねずみの対策に関する記事はこちら】

家にねずみがいるかも…ねずみの見分け方と被害を防ぐ対策解説!

ネズミが壁の中でカサコソ……退治法と予防法

ねずみを追い出す!もう侵入させない!3つのステップ

ねずみが出たら糞害や火災のキケン!種類別の退治法

飲食店のねずみを経営危機もろとも跳ね返す!3つの撃退法

ねずみ被害がふえる時期と、駆除の効果が高い時期

ペットはネズミ駆除として効果があるのか?ネズミVSペット

ねずみの尿の特徴と、えげつない菌をやっつける消毒法

車のネズミ対策法|車内でできる手軽な3つの対策法や注意点を解説!

ねずみは春と秋に大繁殖する!習性を知って正しい対策をとろう

ネズミ退治に唐辛子は効く?ご家庭でできる駆除方法や予防策について

ねずみの駆除ならねずみ110番にお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

現在、にすぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー