ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > ハツカネズミの繁殖スピードに注意!生態や特徴を理解した駆除・対策

ハツカネズミの繁殖スピードに注意!生態や特徴を理解した駆除・対策

ハツカネズミの駆除対策

「部屋の隅を白いネズミが走っていった……」
「ハツカネズミってどう駆除すればいいの?」

ハツカネズミは清潔そうな見た目とは裏腹に、建材をかじり病原菌をまき散らす害獣です。

そして、驚異のスピードで繁殖していくため、対策が遅れると被害の深刻化はまぬがれません。

この記事ではハツカネズミの生態や特徴、被害の種類や駆除方法まで徹底解説していきます。

「駆除や侵入対策を自分でできる自信がない……」という方は、実績のある駆除業者へまずは無料現地調査を依頼してみると良いでしょう。

無料見積り実施中!
 ハツカネズミを迅速に駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

見た目はかわいいけどあなどれない!ハツカネズミの特徴

家に住みつくネズミ、いわゆる家ネズミは「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」の3種類が存在します。そのなかでも一番小さく、ひときわかわいらしい見た目をしているのがハツカネズミです。

そして、ハツカネズミはかわいいだけではなく知能が高いことでも知られています。最初に、ハツカネズミの見た目や特徴についてご紹介します。

見た目

セイヨウハツカネズミ
※画像は「セイヨウハツカネズミ」です。毛色は個体により異なります。

体長 6~9cm
体重 10~20g
体の特徴 耳:大きい しっぽ:長い

毛色は個体により白や茶色、灰色や黒などさまざまです。野生のハツカネズミの多くは、背中の毛は薄茶色、腹部は白色をしています。

知能が高い

かわいらしい見た目をしたハツカネズミですが、あなどることはできません。ネズミは知能が高く、学習能力や記憶力に優れた動物なのです。
実験の結果、同じ罠にかからなかったり迷路に入れられたネズミが正しいルートを見つけられたりするなど、その知能の高さについては実証されています。

【関連記事】ネズミは知能で人類に勝る!?適応力と鋭いカンに対処する方法

「ドブネズミ」「クマネズミ」との違い

ほかの家ネズミと大きく違うのは、体の大きさです。大きな個体だと20cmを超えるドブネズミやクマネズミに比べて、ハツカネズミの体は半分ほどと小さく、ネズミの赤ちゃんのようにみえるかもしれません。また、どう猛な性格のドブネズミや警戒心が強いクマネズミとは性格も異なり、ハツカネズミはおだやかで警戒心も低いといわれています。

フンにもそれぞれに特徴があり、もし家にネズミが住みついていたら、フンから種類を判断することもできます。

フンの違い

ハツカネズミ 5mmほど、先がとがった米粒のような形
ドブネズミ 1cmほど、太くて先がとがった形
クマネズミ 7mmほど、不ぞろいで細長い形

ペットとしても飼育されている

ご紹介したようにハツカネズミは賢く、ハムスターほどの大きさでかわいらしい見た目からペットとしても人気です。

白い体に赤い目が特徴のアルビノ種や、「パンダマウス」という品種改良をされたハツカネズミもペットショップで見かけることができます。パンダマウスとは、白い体毛に首のところだけが黒くなっており、まるでパンダのような見た目をしているのが特徴です。

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

ハツカネズミの生態

ここからは、ハツカネズミはどのような暮らしをしているのかをご紹介します。以下の表にハツカネズミの生態をまとめました。

寿命 野ネズミ:4か月ほど
家ネズミ:1~2年
生息場所 草地・農作地・砂丘地・川辺など
食性 野草・昆虫・米など
繁殖 繁殖回数:年6~10回
出産:4~7匹

寿命

寿命

自然界に生息するハツカネズミだと外敵(蛇や鳥など)におそわれるため、4か月ほどしか生きられません。しかし、飼育されているハツカネズミや家に害獣として住みついているハツカネズミの場合、話は別です。このようなハツカネズミたちは、外敵におそわれることなく、健康状態もよいため1年~2年は生き続けます。

もしかすると、ここで「ハツカネズミの寿命って20日なんじゃないの?」という疑問を浮かべた方もいるかもしれません。

たしかに、ハツカネズミは漢字で書くと「二十日鼠」です。しかし、これは寿命のことをいい表しているのではありません。じつは、ハツカネズミの「ハツカ」の由来は妊娠期間である、という説があるのです。

生息場所

ハツカネズミは日本全国の草地、農作地、砂丘地、川辺などに生息しています。乾燥に強いため、砂丘地などの水の少ない過酷な環境でも生活していくことができるのです。また、せまい場所を好んで倉庫に入り込むこともあります。

食性

ハツカネズミは雑食性で、野草、昆虫、米、などを食べます。ハツカネズミは小さな体で大量のエネルギーを消費しているため、たくさんのエサを食べなくてはならないのです。飼育されているハツカネズミには、マウス用ペレットや果物などが与えられています。

繁殖

ハツカネズミは驚異の繁殖力を誇ります。一度の出産で4匹~7匹の子どもを出産し、年間でなんと6回~10回も出産をくり返すのです。また、家に住みついたハツカネズミや飼育されているハツカネズミは健康状態が良好なため、出産回数も自然界で暮らすハツカネズミに比べると多くなる傾向があります。

その繁殖力の強さから、ペットとして飼われているハツカネズミでもオスとメスを同じケージで飼育することは避けるよう推奨されることもあるほどです。

ハツカネズミが与える被害

家にハツカネズミが現れるようになったときは、そのかわいらしい見た目にまどわされてはいけません。ハツカネズミも家に住みついてしまえば立派な害獣です。つぎはハツカネズミが家に住みついてしまった場合は、どのような被害を与えるのかをご紹介します。

\ 納得の料金でハツカネズミを駆除! /

無料見積り実施中!
ネズミの駆除ならねずみ110番へお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

>>ねずみ110番の詳細はこちら

1.食害

1.食害

ハツカネズミが家に住みついてしまった場合、家の中にある食品や庭の農作物などが、被害を受けてしまいます。棚や台所の収納スペース内にある米や小麦粉、パン粉などが食い荒らされていた場合、ハツカネズミが侵入している危険性が高いです。なぜなら、ハツカネズミは小さな体をしているので、このようなせまい空間にも侵入することができるからです。

2.衛生被害

ハツカネズミがもたらす衛生被害には注意が必要です。ハツカネズミは非常に強力な体臭のもち主です。もちろんハツカネズミの排せつ物も激臭を放ちます。また、屋根裏に侵入して、排せつをくり返され天井が腐敗してしまうなど、建材の被害が発生することもあります。

しかし、本当に注意しないといけないのは、ハツカネズミが保有している害虫や病原菌です。ハツカネズミが媒介する感染症には以下のようなものがあります。

【サルモネラ症】
ハツカネズミの糞尿には「サルモネラ菌」という細菌がひそんでいます。ネズミが触れた調理器具などからサルモネラ菌が食品を介して人の体内に入ると、サルモネラ症に感染します。症状は、腹痛、発熱、下痢などです。

【ツツガムシ症】
ハツカネズミに寄生しているダニ(ツツガムシ)に刺されることで感染します。ツツガムシ症に感染すると高熱が出て、全身に発疹が浮かび上がります。治療が遅れると、血管内に血栓ができ、命の危険にさらされてしまうこともあるのです。

【レプトスピラ症】
レプトスピラ症とは、ハツカネズミの尿に含まれる「レプトスピラ属の細菌」が下水などを介して人に感染する病です。水田や下水の水に溶け込み、人の皮膚や傷口から感染して、高熱や黄疸(おうだん)、筋肉痛などを引き起こします。場合によっては、視力障害が発生することもあります。

【鼠咬症】
ハツカネズミに噛まれることで発症する感染症です。ハツカネズミの口内には、「モニリホルムレンサ杆菌(かんきん)」や「鼠咬症スピリルム」などという細菌がひそんでいます。これらの菌が傷口から体内に入り込むことで、悪寒、発熱、筋肉痛、発疹などの症状が現れます。

3.経済的被害

もし、ハツカネズミが民家に侵入してしまったら、建材が被害を受けてしまいます。ハツカネズミにかぎらず、ネズミは「げっ歯類」に属します。げっ歯類の動物は門歯と呼ばれる口先の上下4本の歯が伸び続ける運命にあるのです。

このことから、定期的に樹木などをかじって歯をけずらなければ、歯が伸びすぎて食物を摂取できなくなってしまいます。家に侵入したハツカネズミは、門歯をけずるために、建材をかじって被害を与えてくるのです。状況がひどくなると、かじられた建材を修繕しないといけない状況になり、修繕費が発生してしまいます。

また、先ほどもご紹介しましたが、ハツカネズミの糞尿により建材が腐敗して、修繕が必要な状況になることもあるのです。

食品販売店や飲食店にハツカネズミが住みついてしまった場合の経済的被害は甚大です。食品を保管している倉庫に侵入して食品を食い荒らされてしまったら、被害を受けた食品は販売することができません。

さらに飲食店でハツカネズミによる食害が発覚した場合、営業停止処分を受けてしまうおそれもあります。営業停止処分を受けてしまうと、一定期間営業をすることができなくなるので、多大な経済的損失が発生するのです。

火災につながるおそれもある

ネズミがかじるのは建材だけではありません。門歯をけずるためにあちこちをかじるネズミの被害には、電気コードなどの配線も含まれています。

かじられた配線が漏電やショートによって発火すると、火災につながるおそれもあり大変危険です。家の中にフンが落ちているなど、ネズミの気配を感じたときには配線が被害に遭っていないか確認したほうがよいでしょう。

【関連記事】ねずみが出たら糞害や火災のキケン!種類別の退治法

ハツカネズミを駆除する

このようにハツカネズミは、かわいらしい見た目とは裏腹になかなかあなどれない厄介者です。家にハツカネズミが侵入してしまった場合は、被害が発生するまえに駆除をしましょう。

ただし、やみくもに駆除グッズを使用するだけではハツカネズミを完全に駆除することはできません。ハツカネズミを駆除する際には、しっかりとラットサインを見極めて、的確に駆除グッズを使用しなければいけません。

ラットサインとは、いわゆるネズミが通った痕跡のことをいいます。ハツカネズミにかぎらずネズミは壁際を通る習性があり、このようなところに糞や尿が落ちていれば、家にネズミが住みついている危険性が高いです。

【関連記事】ラットサインからヒモとく駆除方法!ネズミを追い出す成功術とは?

ここからは、ハツカネズミを駆除する方法について解説します。ハツカネズミの駆除方法には「追い払う方法」と「やっつける方法」があります。

無料見積り実施中!
 納得の料金でネズミを駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

ハツカネズミを追い払う方法

ねずみの駆除に超音波を使う3つのメリット

まずご紹介するのが、「追い払う方法」です。家に住みついたハツカネズミを追い払うには、「忌避剤」か「超音波」を使用することをおすすめします。

忌避剤
忌避剤とは、対象の生物が嫌がる匂いや成分などで、追い払う対策グッズのことをいいます。忌避剤をラットサインのあるところに設置すると効果的に駆除できるでしょう。忌避剤には、置き型のほかにもスプレータイプやくん煙剤などがあります。

超音波
超音波器は、ネズミが嫌う高周波(※)を発して、撃退するグッズです。ラットサインのある場所に設置することで家の中のネズミを外へと追い払い、さらに外からの侵入も防ぐ効果が期待できるのです。

しかし、超音波器の使用には注意すべき点があります。超音波器の音は、ハムスターやウサギなどのペットにも影響してしまいます。また、人に聴こえないレベルの周波数を想定して設計されていますが、なかには超音波が聴こえてしまう人もいます。

ハムスターなど超音波の影響を受けてしまうペットがいるご家庭や、使用し続けていたところ、「耳鳴りがする」、「気分が悪くなる」など感じるような場合は、健康面も考慮して超音波器の使用は控えるようにしてください。

(※)高周波:周波数の高い音のこと。

【関連記事】ネズミがいなくなる超音波の効果とは!メリット・デメリット一挙公開

ハツカネズミをやっつける

つぎにご紹介するのがハツカネズミをやっつける方法です。ハツカネズミを追い払うことができても忌避剤の効果が切れてしまったら、ハツカネズミはまたこりずに家に侵入してくるかもしれません。

そのような事態を避けるために、心を鬼にしてハツカネズミをやっつけてしまうのもひとつの手段です。ここでは以下のネズミ駆除グッズについて紹介します。

バネ式ネズミ捕り
バネ式ネズミ捕りとは、古くから使用されている駆除グッズです。バネをセットして、パンくずなどのネズミのエサとなるものをバネの反対側の金具に取りつけます。設置されたエサをネズミが食べようとすると、バネがはね上がりネズミががっちりとはさみ込まれる、という仕組みです。

このバネは非常に強力なので、仕掛ける際は誤って手をはさんでしまわないように注意してください。バネ式ネズミ捕りのセットが完了したら、ラットサインが見られるところに設置しましょう。

捕獲かご
捕獲かごは、かごの奥の台をネズミが踏むことで扉が閉まる設計になっています。かごの中にネズミのエサを設置して、かごの奥に誘い込みましょう。

捕獲かごは繰り返し使用することができるため経済的です。ネズミがよく出現する地域にお住まいの方にはおすすめの駆除グッズです。

【関連記事】ねずみを捕獲器で駆除!その後の処分法とあなたに合う捕獲器の選び方

粘着シート
粘着シートの上をネズミが通過しようとすると、強力な粘着力によって体の自由を奪います。粘着シートにかかって動けなくなったネズミはそのまま処分しましょう。

また、折りたたみ式の粘着シートは折りたたむことで、せまいところでも設置することが可能です。ラットサインが現れているところに設置しましょう。

殺鼠剤
ラットサインのあるところに殺鼠剤(毒エサ)をしかけます。ネズミがエサと勘違いして食べることで駆除することができるのです。しかし、ネズミは警戒心が強いために、殺鼠剤を食べない個体も存在します。

殺鼠剤の効果的な使用方法は、「普通のエサにまぜて使用すること」です。具体的には、まず普通のエサをネズミに与えて警戒心を解きます。普通のエサが減るようになってきたら、殺鼠剤をエサの中にまぜるようにしましょう。

詳しい使用方法は下記の記事で解説しています。

【関連記事】【ねずみ対策】効果的に駆除する殺鼠剤の設置方法や予防法をご紹介

ただし、ネズミには「貯食性」という巣にエサを持ち帰ってから食べる習性があるので、効果が出るまでに1週間はかかります。

また、「スーパーラット」と呼ばれる個体には注意が必要です。スーパーラットとは、殺鼠剤に対して強い耐性をもつネズミのことをいいます。スーパーラットの多くは、クマネズミが進化した個体ですが、なかにはハツカネズミがスーパーラットへと進化することもあります。

殺鼠剤が減っているのにネズミの被害がなくならない場合は、家にスーパーラットがひそんでいるかもしれません。そのような場合は、ほかの駆除方法を試すようにしましょう。

【関連記事】スーパーラットの対策とは

また、家でペットを飼っているご家庭や小さなお子さんがいる家庭は殺鼠剤の使用はあまりおすすめできません。なぜなら、ペットやお子さんが殺鼠剤を誤って食べてしまうかもしれないからです。薬剤を使わないネズミの駆除方法には、ご紹介した以外にも匂いを活用するものもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

無料見積り実施中!
 ハツカネズミを迅速に駆除 

ねずみ110番の
詳細を確認してみる

もう二度とハツカネズミを家に住みつかせない

駆除に成功して家からハツカネズミがいなくなったといって安心するのは、まだ早いです。一度ハツカネズミが住みついた家には、侵入される場所と定住される原因があるからです。再びハツカネズミの被害に遭わないためにも、対策をしっかりとおこなわなければいけません。

ハツカネズミの侵入経路を塞ぐ

ハツカネズミの侵入経路を塞ぐ

ハツカネズミが住みつくということは、家のどこかにハツカネズミが侵入できる経路があるということになります。以下の場所からはハツカネズミが侵入するおそれがあります。

・換気扇や通風孔
・戸袋の隙間
・壁などのひび割れ
・エアコンの室外機

ハツカネズミに一度でも侵入されたことがあるのなら、隙間を金網や金属板で塞いでおきましょう。大切なのは「金属製」のもので隙間を塞ぐことです。通常のネットなどでは、食い破られて家の中に侵入されてしまいます。

また、家の壁がひび割れしている場合は、ホームセンターなどに売っているパテ(※)で隙間を塞いでおきましょう

(※)パテ:壁などのひび割れを埋める補修剤

ハツカネズミの好まない環境を作る

侵入経路を塞いだあとにあわせておこなっておきたい対策が、「ハツカネズミの好まない環境を作る」ことです。そうすることで、家自体が狙われにくくなり、より被害に遭うリスクを軽減することができます。

ハツカネズミの好まない環境を作るうえで大切なことは以下の2点です。

【外敵から身を隠せるものは片づける】
外敵の多いハツカネズミは、日々身を隠せる安全な場所を探し求めています。もし、家の中が散らかっているのならば、ハツカネズミに安全な場所であると認識されるかもしれません。可能なかぎり片づけて、ハツカネズミが身を隠せる場所を作らないようにしておきましょう。

また、使用済みの段ボールや新聞紙はすぐに処分することを心がけてください。段ボールや新聞紙はハツカネズミの身を隠せる場所にもなり、さらには巣の材料としても利用されることがあるからです。

【エサとなるものは放置しない】
当然のことながら、エサが豊富にあるところはハツカネズミが好みます。ハツカネズミのエサになるものとは、生ごみや精米、パン粉、小麦粉などです。生ごみはためずにすぐに処分すること、精米、パン粉、小麦粉、などは、しっかりと口が閉められるものに保管するようにしましょう。

また、床に散乱した食べかすなども、ハツカネズミのエサになります。定期的な掃除をすることもハツカネズミの定住を防止するための対策になるのです。

ハツカネズミの駆除はプロに依頼するのが安全!

ハツカネズミによる被害をなくすために大切なことは、ラットサインを見つけて的確に駆除をおこなうことと、駆除したあとにハツカネズミが寄り付かない環境を作ることです。

しかし、ハツカネズミは驚異の繁殖スピードを誇るため、駆除が遅れてしまえば、たちまち大家族を築き上げ、駆除の難易度は上がってしまいます。さらに、かわいらしい見た目をしていることから駆除をするにも心が痛む、という方もいることでしょう。

ハツカネズミのトラブルで頭を抱えている方は、弊社にご相談ください!現場を調査して、ご自宅からハツカネズミを徹底的に駆除するプロをご紹介いたします。もう二度とハツカネズミの被害に遭いたくないという方は、24時間受けつけの相談窓口までいつでもお電話ください。

ねずみの駆除ならねずみ110番にお任せ!
通話
無料
0120-701-261 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

現在、にすぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー