家で見かけるねずみの種類は何?生態で変わる対策|ネズミ駆除・ねずみ駆除:8,000円~&現地調査無料|ねずみ110番
ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > 家で見かけるねずみの種類は何?生態で変わる対策

家で見かけるねずみの種類は何?生態で変わる対策

見た目、フンの形、出現場所の3点でねずみの種類がわかる!

 

現在、わたしたちの生活に影響のあるねずみは家ネズミと呼ばれています。家ネズミにはそれぞれ種類や特徴があり、講じる対策や駆除方法も変わってきます。毎晩音に悩まされている、糞害がひどいという方もまずは自宅にいるねずみが家ネズミのどの種類にあたるのかを調査しましょう。

 

今ページでは家ネズミの特徴や生態、食べ物、種類特定に大きく関係のあるフンの形状や大きさ、出現場所までみていきます。

 

ご自宅、店舗、オフィスのねずみ駆除にお役立てください。

目次

ねずみの種類を見分けるポイント1:見た目

ねずみの種類を見分けるポイント1:見た目

 

日本の家ネズミにあたるのは【ドブネズミ】【ハツカネズミ】【クマネズミ】の3種類です。それぞれの特徴や見分けるポイントを以下でみてきましょう。

 

 

ネズミの

種類

ドブネズミ クマネズミ ハツカネズミ
大きさ
体長
体重
20-30センチメートル、150-500グラム 15-25センチメートル、150-200グラム 5-10センチメートル、10-25グラム
茶がかった灰色 茶・黒・灰色 白・黒・茶・灰色
尻尾 胴体より短い 胴体より長い 胴体より短い
前に倒しても耳にかからないほど小さい ドブネズミと比較すると大きい 大きめ
性格 凶暴・人前に現れることもよくある 臆病・警戒心が強いため人前に現れることは少ない おとなしく警戒心が低いためペット用として販売されているものも
運動能力 泳ぐことはできるが高所は苦手・寒さに弱い 総合して運動能力は高いが泳ぎは苦手 総合して運動能力は高いが泳ぎは苦手で寒さに弱い
活動時間 朝、夕方、夜間 昼、夜間 夜間
食べ物 雑食性ではあるが肉食を好み、共食いすることも 雑食で有機物であれば何でも口にする傾向がある 雑食だが、好むのは穀物など基本植物性

それぞれの特徴

家ネズミの中で最も大きいのがドブネズミですが、個体によってはクマネズミとの判別が難しいです。大きく違うのは耳の大きさです。耳が小さければドブネズミと覚えておきましょう。攻撃性が強いのもドブネズミの特徴です。

 

ケガの危険もありますので不用意に刺激するのはやめましょう。

 

クマネズミは非常に頭が良く、学習能力に優れていると言われています。自然の中にいるクマネズミは昼に活動を行いますが人間の生活の中に存在するクマネズミは夜行性のものも多くみられます。このことからも学習能力や環境への適応能力が高いことが伺えます。繁殖力も高いのが特徴です。

 

ハツカネズミは色のバリエーションがあり、表情も豊かです。愛らしい外見のためペットとして飼育されているものもいます。ハツカネズミは独特の臭いが特徴です。強いカビの臭いに近く、ハツカネズミが通った場所が臭いでわかることもあるほどです。通り道からカビの臭いがすればハツカネズミの可能性が高いです。

ねずみの種類を見分けるポイント2:出てきた場所

家ねずみは出現場所や巣をつくる場所もそれぞれ違うようです。被害を受けた部屋や場所、ねずみがフンや足跡などの痕跡を残す『ラットサイン』が現れた箇所によってねずみの種類を特定できるかもしれません。

 

  ドブネズミ クマネズミ ハツカネズミ
主な出現場所 ・湿気の集中する場所
・建物の低い場所
・下水・床下
・キッチン
・湿気の少ない場所
・高所
・天井・屋根裏
・屋内
・隙間などの狭い場所
・倉庫・地下
・林・草原・田んぼ
・天井・屋根裏
・商業施設近辺
主な営巣場所 ・植え込み・公園
・コンクリートの隙間
・天井
・屋根裏や壁の内側
・建物内にある隙間
・別の生き物の巣や穴
侵入対策 低い建物の隙間から侵入してくる可能性が高いので隙間がある場合は塞ぐことが大切です。

泳ぎが得意なため、下水や地下からのルートも考えられます。

低い場所の侵入口を防ぎましょう。
高くジャンプできることからあらゆる侵入ルートが考えられます。隙間や侵入できそうな場所を徹底的に防ぎましょう。

人の視界に入らないような高所から侵入してくることもあるため注意が必要です。
体長が小さいので1センチメートル以上の
亀裂や隙間があれば通れてしまいます。

細かく侵入口を塞ぐよりもラットサインを確認しながら忌避剤や粘着シートなどを置く方が効果的かもしれません。

 

ネズミの種類を見分けるポイント:ふんの形

ネズミのフンは『ラットサイン』の1つです。発見したフンの形状や大きさでねずみの種類がわかることもあります。それぞれの特徴や大きさをみていきます。

ドブネズミ

●大きさ……10~15ミリメートル
●形状……全体的に丸みがあり、形は揃っている

クマネズミ

●大きさ……5~10ミリメートル
●形状……細長く、形や大きさは不揃い

ハツカネズミ

●大きさ……3~7ミリメートル
●形状……全体的に小さい

 

まとめ

いかがでしたか?家ねずみの特徴を知り、それぞれに合った適切な施工をしましょう!以下ねずみの特徴についてまとめました。ポイントをおさらいしてください。

 

・家ねずみは主に【ドブネズミ】【クマネズミ】【ハツカネズミ】
 の3種類
・ねずみによって特徴や外見が大きく違う
・ねずみによって営巣場所や出現場所が違う!
・目の前に個体がいなくてもフンによる
『ラットサイン』で種類を判別することも可能!