ネズミ駆除ならねずみ110番 トップページ > 飲食店のねずみ被害は深刻化する!よい業者の選び方

飲食店のねずみ被害は深刻化する!よい業者の選び方

飲食店のねずみ被害は深刻化する!よい業者の選び方

 

飲食店にねずみ発生……!?行きつけのお店がねずみの巣だったら、誰でも足が遠のいてしまうもの。ねずみは雑食であり、人間の食べるものなら十分なえさになります。

 

実は飲食店は、ねずみによって都合のよいエサ場なのです。飲食店の厨房は、エサとなる残飯に事欠きません。閉店後は外敵となる人間もいなくなるため、ねずみにとっては格好の餌場となってしまうのです。

 

お客様の口に入るものを提供し、営業をしている飲食店にとって、ねずみの駆除はスピードが勝負となります。駆除を行ってから安心して営業するためには、駆除後はもう2度とねずみに店に侵入されないように対策をしなければなりません。

 

このように飲食店におけるねずみ駆除はなかなか難しいものですが、被害を防ぐには、どのような対策をすればよいのでしょうか。今回は飲食店のねずみ駆除の被害の実態や、確実な駆除方法について、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

飲食店でのねずみ被害は深刻…!?ねずみがもたらす4つの問題

飲食店において、ねずみの発生は多くの被害をもたらします。こちらでは、ねずみが引き起こす、主な4つの問題をご紹介します。

 

 

細菌などによる健康・衛生面での問題

ねずみは有害な病原菌を持ってあちこちを動き回るため、食中毒の危険性があります。飲食店では特に、食品を扱ってお客様に料理を提供しているため、衛生面には特に気をつけなけばなりません。食中毒を引き起こす菌の中でも、有名なものにサルモネラ菌があります。サルモネラ菌は、ねずみが保有する細菌の中でも、特に食中毒を引き起こしやすいものです。

 

サルモネラ菌に感染すると、腹痛や下痢などの症状を引き起こします。免疫力の低い小さな子供や高齢者が感染すると、症状が重くなることもあり、大変危険です。飲食店にとって、食中毒の発生は致命傷となります。営業停止となり、閉店に追い込まれる可能性もゼロではありません。

 

 

建物・家具・配線へ与える問題

ねずみは、リスと同じげっし類の仲間です。げっし類の特徴は、歯が生え変わることなく、生涯伸び続けることです。歯が伸びすぎてしまうことを避けるため、ねずみには常に何かをかじるという習性があります。

 

ねずみは建物の壁面はもちろんのこと、家具や電気の配線なども構わずにかじるため、断線や漏電、火災を引き起こす危険があります。中には電話線のコードまでかじられたというケースもあるため、油断なりません。

 

 

騒音・悪臭などの問題

ねずみはカタカタと音を鳴らしてあちらこちらを走り回ったり、物をかじる音をさせたりします。またねずみのフンや尿は、あたりにひどい悪臭をまき散らします。厨房内でそのようなことが起こったら、従業員が安心して調理を行うことなどできようもありません。

 

お客様に飲食を提供し、楽しく食事をしてもらおうという飲食店において、このような騒音や悪臭が巻き起こることは、あってはならないことです。ねずみの騒音や悪臭がお客様のご迷惑とならないうちに、一刻も早く駆除をすることが求められます。

 

 

ねずみ被害は経済的な問題に発展する危険も!

もし食中毒が発生してしまったら、営業停止になることは免れないでしょう。幸いにも食中毒が出なくても、ねずみが出るような不衛生な厨房で、従業員が働きたいと思うでしょうか?従業員の士気は下がり、業務に悪影響を与えることは、火を見るより明らかです。

 

もしお客様にねずみを目撃されてしまったら、どう思われるでしょうか?お客様は、その場では見ないふりをされるかもしれないでしょう。しかし、いずれはインターネットで悪評を書き込まれ、客足が遠のくことは想像に難くありません。口コミの影響力というのは、思っているよりも大きいもの。最悪の場合は、廃業に追い込まれるかもしれないのです。

 

 

自力での駆除はNG?業者に依頼した方がいい理由

自力での駆除はNG?業者に依頼した方がいい理由

 

一般家庭とは違い、飲食店にねずみが出た場合、確実な対策が必要となります。そのため、ねずみ駆除の知識や経験がないと、駆除が難しくなります。こちらでは、駆除を業者に依頼した方がよい理由を、具体的にご説明していきます。

 

食中毒やお客様のねずみ目撃は店の営業にとって致命的となるため、一刻も早く確実に駆除することが求められます。

 

 

早急な解決・確実な駆除が求められるから

飲食店にねずみが出た場合、店主や従業員だけではなく、お客にも大きな影響を与えてしまいます。対策ポイントとしては、一般家庭と異なり確実かつ早急な対処をすることです。そのため、自力での駆除は正直お勧めできません。

 

食中毒が発生してしまうと、行政処分の対象となったり、お客様から損害賠償として慰謝料を請求されることもあります。そのような事態に陥れば、店の損失は損害賠償金だけでは済まなくなります。

 

食中毒が起こる店という悪い評判が広がることで、営業しづらくなってしまうことでしょう。最悪の事態を避けるためにも、プロによるスピーディーな駆除が求められるのです。

 

 

ネズミの駆除は害虫の駆除とは異なる…

ねずみはゴキブリのような害虫などとは違い、哺乳類です。昆虫よりもサイズが大きいため、殺生するのに抵抗ある人にとって、精神的苦痛が大きくなります。

 

ねずみを一般の人が駆除するとなると、使用するのは毒餌や粘着シート、ねずみ取りなどです。それらを使用した後の処理は、死んだねずみを直接見て処理しなければならず、精神的負担の大きな作業となります。

 

また処理が遅れると、ねずみの死がいが腐敗していきます。死がいの腐敗により、細菌やダニが発生し健康被害のおそれがあるため、素人には難しいのです。

 

 

一般家庭で使用できる駆除剤が使いにくい

一般家庭においては、毒餌やくん煙剤などを使ってねずみを駆除することは可能です。しかし、このような薬剤は少なからず人体にも影響を与えるリスクがあるため、飲食店などでは特に使用しにくくなります。

 

ねずみは繁殖力が高いため、1匹駆除しただけでは確実に駆除したとはいえません。まだ見えないところに、仲間が巣くっている可能性があります。このように、確実に全てのねずみが駆除できたかどうかというのは、素人ではなかなか判断できないというのが実情なのです。そのため確実な駆除を行うには、プロによる対策が必要となってきます。

 

 

プロならば施工もアフターケアも充実している

駆除される側のねずみの方も賢くできており、毒餌に興味をなかなか示さなかったり、薬剤が効かない種類も出てきています。生き物相手なので、害獣駆除のプロでも対処が難しい場合があるといいます。

 

1度の施工で効果が薄かった場合には、完全に駆除ができるまで、何度も施工をしてもらう必要があります。しかしその際は割引が効いたり、保証が受けられることもあるので安心して依頼ができます。

 

 

よい業者に出会うためにはどうすべき?着目したい3つのポイント

よい業者に出会うためにはどうすべき?着目したい3つのポイント

 

どうせ駆除を依頼するなら、本当に信頼できる業者にお願いしたいものです。よい業者に出会うために、知っておきたいポイントを3つご紹介します。

 

 

金額が適正かどうか

ねずみ駆除の依頼をしたときに、施工の前に見積もりを出してもらうかと思います。この見積もりの価格が適正であるかはよい業者であるかの大切な判断材料になります。

 

高すぎても安すぎてもいけません。「安いに越したことはないのに、なぜ安すぎてもいけないの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。なぜいけないのかには、きちんとした理由が2つあります。1つは、追加料金を請求してくることがあるという理由です。もう1つは、施工内容がしっかりしていないおそれがあるというものです。

 

このようなリスクを背負わないためにも、複数の業者に相見積もりを出して、適正な金額の業者を見極めるようにしましょう。

 

 

保証期間やアフターサービスがきちんとあるか

ねずみの中でも、被害が多く報告されているのがクマネズミです。クマネズミの駆除は難航することが多いと言われています。なぜならクマネズミは殺鼠剤が効かず、警戒心が強いので、プロでも駆除することが難しいからです。

 

もしかしたら1回の駆除では、思ったような効果が得られない場合もあるでしょう。そのようなときに保証期間やアフターサービスがあれば、依頼する方としては安心ですよね。

 

業者には数年間の保証期間がついていて、その間に万が一ねずみが出た場合、無料で対策してくれるところが多いです。このようなアフターサービスがきちんとあるかどうかも、業者を選ぶ上で大切なことです。

 

 

実績やうわさ・口コミをチェックする

駆除に関する資格を持っている業者だからといって、実際に経験があるとは限りません。今までにどのような駆除の実績があるのか、ホームページや担当者に確認をしましょう。

 

またホームページを見ただけでは、なかなか実際にお客様がどんな駆除をしてもらったかどうかは分からないものです。そんなときは口コミサイトを確認してみましょう。口コミを調べることで、実際に依頼したお客様の視点から、業者をチェックことができます。

 

 

まとめ

今回は飲食店におけるねずみの被害の実態と、駆除方法についてお伝えしてきました。ねずみは病原菌を保有しているため、食中毒を引き起こすリスクがあります。飲食店においては、一刻も早くねずみ駆除をするのが対策ポイントとなります。

 

店の評判を落とさないためにも、ねずみ駆除を確実に行うことが求められます。そのためには、信用できる業者を選ぶポイントを知っておくことが大切です。今回お伝えしてきた情報を元に、ぜひ効果的な対策をしていただければと思います。